いびきを手術で治すのは、
主にレーザーを使って行われる。

 

もちろん、
他の手術方法もあるけどね。

 

今回のリサーチでは、
そんなレーザーによるいびきの手術について。

 

気になるレーザー治療の知識さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

いびきのデメリット

いびきのデメリットには、
日常生活における、
様々な影響が挙げられる。

 

naku11

簡単にデメリットをまとめると

  • 昼間にも眠気が襲う。
  • 眠気で仕事に悪影響が出る
  • イビキにより離婚になる
  • 無呼吸時症候群で命に危険が

こんな感じになる。

 

意外と知られていのが、
イビキによる離婚だよね。

 

離婚があるから、
当然、恋人の破局もあるよ。

いびきの治療

気道が何らかの理由で、
狭い人が手術は受ける。

 

例えば……
軟口蓋の位置が低い、
口蓋垂が長いなど。

 

最近では、
睡眠時無呼吸症候群も、
一般的になった。

 

このため、
無呼吸症候群を直すために、
いびきの手術を受ける人も多い。

 

いびきの手術について

syujyutsu12

一般的な、
いびきの手術方法は、
レーザー手術

 

手術時間が短かったり、
出血や痛みが少ない、
傷跡が残りにくいなど、
色々な利点がある。

 

手術時間の短さは、
日帰りの人が多いことからも、
分かってもらえると思う。

 

レーザー手術について
  • 時間:30分ほどが多い
  • 出血:少ない
  • 麻酔:局所麻酔

 

麻酔は局所麻酔のため、
多少の痛みがあるよ。

 

ちなみにレーザー治療以外だと、
気管切開や下あごを前に出すという、
手術方法も存在する。

 

保険適用外の場合も多いから、
病院でそちらの手術が必要だと言われたら、
しっかりと確認しようね。

スポンサードリンク

いびきの手術、デメリット

いびきの手術のデメリット

 

それは、
しばらく発音がおかしくなったり
飲み込みがしばらく大変になったり

と、言ったこと。

 

レーザー治療のデメリット
  • 手術後に発音がおかしくなる
  • 飲み込みが大変になる
  • 食事の時に痛みが出る
     ○1週間ほどは刺激の強い食事は避けないとならない

 

ここに書いたのは、
一時的なデメリット

 

他の違和感が出たら、
病院での早期確認が必要だから注意しようね。

 

いびきの手術費用

okane11

いびきの手術には、
3万円~4万円が必要。

 

でもこれは保険適用の場合

 

保険が適用されない場合は、
15万円を超える事もある。

 

と、言っても、
多くの人が受けるレーザー治療は、
健康保険の適用範囲だから多くの病院で問題なく行える。

 

まとめ

kousenn11

いびきの治療は、
受ける人が増え続けている。

 

やっぱりデメリットが少ない、
レーザー治療が普及したことが、
大きな影響を与えているのだろうね。

 

鼻の奥が問題になるいびき。

 

色々な問題を人生に与えるから、
早めに対処しておく必要があるのは、
多くの人が分かるハズ。

 

でも、やっぱり手術をするのは怖い!

 

そんな方は、
まずはネット上から治療に関する情報を、
探したりしたらどうだろう?

 

知ることで無知による恐怖は減るって、
どっかの偉い人が言っていた……気がする (;´▽`A“

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい