うなぎと言えば、
夏のスタミナ食。

うなぎ

 

土用の丑の日に食べる物として、
市民権を得ているよね。

 

このうなぎなんだけど、
国産と中国産とでは、
どのような点に違いがあるのだろう?

 

今回リサーチしたのは、
うなぎの国産と中国産の違いについて。

 

うなぎ選びで知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサーリンク

国産うなぎの定義

中国産や台湾産とかの定義は、
その国から輸入した物だと分かる。

 

でも国内産という表示は、
少し厄介。

 

国内の産地の表示には、
静岡産や鹿児島さん、三河産など、
いくつか存在している。

 

これらの産地というのは、
うなぎの稚魚を育てた地域のこと。

 

だから中国から稚魚を輸入して、
国内で養殖しても国産と表示できる。

 

国産うなぎと中国産うなぎ

国産うなぎ

国産うなぎは、
中国産うなぎの2倍ほどのお値段。

 

値段だけでなく、
食感などにも違いがある。

 

国産うなぎと中国産うなぎの食感の違い

国産うなぎと中国産うなぎとでは、
食べた感じや見た目に違いがある。

 

最も違うとされているのは食感

 

中国産は、
ゴムっぽい物が多いとされている。

 

国産うなぎと中国産うなぎの違い
  • 国産うなぎ
     ○身が薄い
     ○脂が少なくあっさりしている
     ○固め
     ○うま味が濃い
     ○小骨
       小骨が小さい
       小骨の量が少ない
  • 中国産うなぎ
     ○身が厚い
     ○脂がのっている
     ○柔らかい
     ○雑な味と感じる人も多い
     ○小骨
       小骨が大きい
       小骨の量が多い

 

食感や味の違いについて

中国産が嫌われる原因として、
ゴムのような弾力という物がある。

 

ときおり国産でも、
ゴムのような弾力の物があるから、
絶対的な違いではないけどね。

 

味についてなんだけど、
うなぎはかば焼きとして売られることが多い。

 

だからタレによって、
味が分からなくなってしまうから、
白焼きの状態でないと判別は難しい。

中国産うなぎ

 

そんな味や食感の違いは、
うなぎの種類の違いが、
大きく影響しているよ。

 

国産、中国、台湾では、
以下の種類のうなぎが、
養殖されることが多い。

 

養殖するうなぎの種類の違い
  • 国産うなぎ
     ○アンギラ・ジャポニカ種
  • 中国うなぎ
     ○アンギラ・アンギラ種
  • 台湾うなぎ
     ○アンギラ・ジャポニカ種

 

こういった種類の違いがある。

 

日本と台湾とでは、
同じうなぎの種類が多く養殖されているから、
食べた感じがほとんど同じだよ。

スポンサードリンク

国産うなぎが高価な理由

国産うなぎは、
中国産と比べると、
2倍ほどの値段となる。

 

これは以下のことが原因

 

国産うなぎが高価な理由
  • 中国産うなぎは
     ○中国では日本のうなぎよりも稚魚の種類が豊富
       →稚魚を確保しやすい
     ○人件費が日本よりも安い
     ○物価が日本よりも安い
  • 日本のうなぎは
     ○稚魚の購入後
     ○毎日人の手により育てる
       →費用が他国産よりもかかる
         稚魚の確保の費用
         餌代
         施設の管理費用
         人件費
         調理費用

 

うなぎの稚魚は、
年々漁獲量が低下しており、
価格が高くなっている。

 

だから国産うなぎの値段は、
今後も高くなり続けると考えれれているよ。

 

国産うなぎを安く買うには

違い

国産うなぎを安く買うには、
ネット通販などがオススメ。

 

これは産地直送で買えるから、
お店で買うよりも安くなるからだよ。

 

終わりに

今回まとめたのは、
国産うなぎと中国産うなぎの違い

 

違いについては、
ここに書いたとおり。

 

日本で養殖されるうなぎは、
年々高くなっている。

 

だからこれからは、
これらの違いを考慮したうえで、
海外のうなぎを口にすることも多くなるはず。

 

だから国内産だけでなく、
海外のうなぎについても知っておいた方が良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい