お彼岸に花を贈るのなら、
どんな花を贈るのがマナーなのだろう?

 

今回のリサーチでは、
お彼岸に贈る花についてまとめた。

 

お彼岸には、こんなを贈る物なのSA(-_☆)

スポンサーリンク

お彼岸とは

お彼岸は仏教行事で、
春と夏に行われる。

 

a0001_014933

のお彼岸は、
春分の前後7日間。

 

のお彼岸も、
秋分の前後7日間。

 

詳しくはこちらで。
お彼岸の入りはいつ

 

寺院では

お彼岸の期間は、
寺院で彼岸会が営まれる。

 

彼岸会では、
対話や読経などが行われるよ。

 

信徒であれば、
参詣後に先祖の墓にお参りして、
供養することになる。

 

お彼岸で花を贈る

お彼岸で花を贈るのなら、
特に届けるタイミングに気をつけたい。

 

花を贈るタイミング

koreda01

配達で花を届けるのなら、
お彼岸の入りまでに届けたい。

 

もし遅れても、
中日までには届けないと、
マナーとして辛い。

 

直接渡せないのなら

花を配達で贈る場合、
メッセージカードを添えると、
丁寧な印象を持ってもらえるよ。

 

初めてお彼岸を迎えるご家庭に届ける場合

お彼岸が初めてで、
法要が行われる方には、
お彼岸の前日には届くようにしたい。

 

お彼岸に帰省する実家に贈る人もいる

お彼岸になると、
帰省される方も多い。

 

そこで実家に着くタイミングで、
花が届くように注文する人も多い。

 

花が多くあるネットでゆっくりと探して、
かさばる花は、実家で受け取れるから、
意外と便利。

 

ただ、タイミングがずれると、
泣きたくなるから注意しよう。

スポンサードリンク

贈る花について

亡くなってから、
年月が経った方になら
淡い色の花も良い。

 

あとは名はお仏壇の周りに供えるから、
花束かアレンジがお勧め。

 

でも花束は、
花瓶を使わないといけないから、
先方の手間を考えるのなら、
アレンジが一番良いかもしれない。

 

納骨堂や仏壇などにお供えするのなら、
バスケットのアレンジを選ぶ人が多い。

 

心配な場合は、花屋さんで、
お彼岸用だと伝えよう。

 

お彼岸の花の費用

花束を贈る場合、
3000円~5000円が、
相場となる。

 

お彼岸の花の種類

kiku

お彼岸には、
というイメージがある。

 

でもお彼岸に贈られる花は、
菊だけではない。

 

一般的には、
白や淡い色の花が中心。

 

お盆の花の例
  • 百合
  • 胡蝶蘭
  • トルコキキョウ
  • カーネーション

 

上記のような、
清楚な感じの花が選ばれる。

 

でも地域によっては、
好まれる色が違う場合もあるから注意したい。

 

まとめ

今回は、
お彼岸に贈る花についてまとめた。

 

お彼岸では花を、
遠くの方に贈る場合もあるから、
地域的な慣習なども知っておきたい。

 

でも実際には、
全ての方の慣習を知るのは難しい。

 

だから贈る方に、
直接どんな花が良いかと訊ねておくのも手。

 

次回からはその花を贈ればいいからね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい