お歳暮のお返しに、
お礼を伝えるのはマナーだよね。

 

でもお礼の言葉だけでなく、
お返しに何か品物を渡したい人もいるハズ。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
お歳暮にお返しの品を贈るときのマナー

 

お歳暮のお返しをする前に知っておきたいマナーだよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お歳暮のお返し

お歳暮のお返しは、
基本的に行わない。

 

代わりにお歳暮を頂いたら、
早めに手紙や電話で、
お礼の言葉を伝えるのがマナー。

 

でも、どうしても、
お返しをしたい人はどうすれば良いのだろう?

 

お歳暮のお返しに何かを贈る場合

お礼を伝えるだけでなく、
お返しの品を贈りたい場合、
品物の金額に注意したい。

 

お返しの品、一体いくら?

okane11

お返しの品は、
頂いた品と同じ値段の物を!

 

と、言う方もいる。

 

でも実際のところは、
半返しという考え方でお返ししたい。

 

半返しの考え方によると、
頂いた品の半額程度の品を、
返すのが良いとされる。

 

なぜ半返しが良いのか?

頂いた品物よりも、
少し安め程度の方が、
相手に負担を感じさせにくい。

 

a0001_009326

他にも理由があって、
それはお歳暮なんかを断る場合

 

お歳暮などを断るとき、
同額程度の品物と一緒に、
断わり状を添えるというパターンが多い。

 

このため、
頂いた品と同額と言うのは、
避けた方がいいんだ。

 

頂いた品よりも高額でもダメ

頂いた品よりも、
高額な品を贈るのもダメ。

 

高額な品を贈ることは、
次回から贈り物は結構ですよと、
相手に伝える意味が込められる場合がある。

 

このため、
頂いた品よりも高額な物を贈るのは、
避けた方がいいよ。

 

お返しをする時期のマナー

お歳暮の品を頂いたら、
お礼の電話や手紙なら、
すぐに行動するのがマナー

 

でもお礼として品物を贈る場合、
少し時間をおくようにしよう。

 

a0001_014909

お歳暮は、
12月中旬~12月下旬に、
配達されてくることが多いよね。

 

だからお返しの品は年明けに、
御年賀、寒中御見舞として、
贈ることになる。

 

ちなみに目上の方に贈る場合、
丁寧な表現である寒中御伺と書く。

 

仮に寒中見舞いの時期を過ぎたら、
お礼、感謝と書くことになるよ。

 

寒中見舞いの時期がいつかは、
次の熨斗についての項で、
具体的にまとめるよ。

スポンサードリンク

熨斗(のし)について

お返しで使う熨斗や水引きは、
お歳暮と同じものを使う。

 

お歳暮のお返しに使う熨斗について
  • 水引
     ○紅白の花結び
  • 表書き
     ○寒中御見舞
     ○御年賀
     ○寒中御伺
     ○お礼
     ○感謝

 

寒中御見舞いと書く時期

yuki01

寒中御見舞と書くのは、
小寒~大寒までの時期。

 

  • 小寒は2016年であれば1月6日
  • 大寒は2016年であれば1月21日

 

この辺りは、
カレンダーに書かれていると思うから、
チェックしてみよう。

 

お礼、感謝と書く時期

小寒~大寒を過ぎたのなら、
お礼、感謝と書いてお返しの品を贈る。

 

熨斗を付けない方法もある

熨斗を付けずに、
直接手渡しでお返しの品を渡すと、
堅苦しさが無い。

 

お返しの品、品物の選び方

koreda01

お返しの品は、
何を贈れば良いのだろう?

 

基本的に、
お歳暮と同じ品物で良い。

 

だから、飲み物や食べ物といった、
生活消耗品のような消え物となる。

 

もちろん頂いた物と全く同じものを贈るのは、
マナーに違反するから気を付けよう。

 

まとめ

今回はお歳暮を頂いたとき、
お返しの品を贈るには、
どうすれば良いのかをまとめた。

 

お礼の気持ちを伝えさえすれば、
贈らなくても問題ないけどね。

 

でも人付き合いによっては、
お返しの品を贈った方が良い人もいるハズ。

 

この辺りは、臨機応変に立ちまわる必要があるよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい