お盆のお供えに花を!

と、考えた場合、
色々と気を付けたいマナーが存在する。

 

今回のリサーチでは、
お盆の花で気を付けたいマナーをまとめた。

 

贈る人も自宅に置く人も気を付けたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お盆について

まず、お盆について、
まとめておくよ。

 

地域によって、
お盆の時期も変わるから、
この点に注意したい。

 

お盆
  • 人が亡くなってから初めてのお盆
     ○新盆や初盆という
  • お盆の時期
     ○地域による違いがある
     ○多くの地域が以下のどちらか
     ○7月13日~7月16日
     ○8月13日~8月16日

 

誰かが亡くなって49日が経つ前にお盆が来たら

calendar

誰かが亡くなってから
49日が経つ前にお盆を迎えたとき、
その年には新盆の行事は行わない。

 

この場合、新盆の行事は、
翌年のお盆で行うことになる。

 

お盆でお供えする花

お盆にお供えするは、
白を中心とした色合いが一般的。

 

地域によって違うけど、
明るい色でまとめた方が、
好まれる場合もある。

 

お供えの花を送る前に

当たり前だけど花は枯れるalone-62253_640

 

それに運送会社に頼んだり、
花屋さんから直接送ってもらったりと、
第三者を通して、
お盆の花を送ることが多いハズ。

 

だからこそ起こる問題もある。

 

その問題というのは、
届け先の家が留守で、
花を受け取ってもらえないという問題。

 

このことで、困る場合もあるから、
花を送る場合は、事前の電話が欠かせない。

 

もちろん送るタイミングも大切

もちろんお盆でお供えとして、
花を送る時には、お盆の入りまでに、
届くように配慮しよう。

スポンサードリンク

お供えの花は、アレンジメントと花束どっち?

お供えとして花を送る。

このように花と一言でいっても、
気をつけないといけない点が色々とある。

 

先に書いたように、
は白なんかが中心。

 

あと、アレンジメントフラワーと、
花束のどちらを送るかという点も気を付けたい。

 

kiku

花束を贈った場合、
花瓶を用意したりなど、
送った家の方の手を煩わせる。

 

だからアレンジメントフラワーの方が、
手間をかけさせないという意味で、
妥当とも言える。

 

 

ただ、地域によって考え方も違うから、
できるだけ購入前には、
花屋さんなどで専門家の人に訊ねておこう。

 

まとめ

今回は、お盆のお供えに花を考えている場合に、
どのような点に気をつけらば良いのかをまとめた。

 

お盆のような伝統行事には、
多くの場合は地域差が生じる。

 

だから、できる限り地域の人に慣習を聞いて、
それでお盆の花なんかの準備をしたいところだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい