お盆玉という風習が、
最近は広がりつづある。

 

郵便局でも、
お盆玉のポチ袋を販売して、
風習を広めようとしている。

 

今回リサーチしたのは、
そんな陰謀の臭いがする、
お盆玉の相場や由来について

 

大人の事情を感じる情報さ☆-( ^-゚)v 

スポンサーリンク

お盆玉とは?

お盆玉というのは、
山梨県のマルアイという会社が、
造った造語。

 

もちろん商標登録済み。

 

お盆玉はお盆に親戚の子や孫に、
お小遣いをあげようという習慣。

 

お盆玉と郵便局

2014年の7月14日からは、
郵便局でも、
お盆玉用の袋が販売されている。

 

その後コンビニや、
一部のショッピングモールにも広がり、
日本を侵食し始めた。

 

お盆玉の由来は?

現在、
日本を侵食しつつあるお盆玉

 

実は新しい風習ではない。

 

東北の山形県には、
江戸時代、盆玉という風習があった。

お盆玉

 

お盆の時期には、
奉公人に主人が小遣いをあげていたと、
されているよ。

 

お小遣いとして渡していたのは、
下駄や衣服で多かったとされている。

 

昭和初期に入ると、
盆玉という風習は、
子どもに小遣いを上げる風習へと変化する。

 

この時にようやく、
現在のお盆玉の形になった。

 

そして2010年になり、
マルアイがお盆玉というぞうを考え、
夏の風物詩をモチーフにした、
ポチ袋を販売し始める。

 

さらに2014年に入ると、
郵便局でもお盆玉用ポチ袋が、
販売されるようになった。

 

郵便局でお盆玉用ポチ袋が、
販売され始めると、
全国的にお盆玉が広がった。

スポンサードリンク

お盆玉の相場は?

お盆玉は、
最近普及し始めたばかり。

 

だから相場は曖昧。

 

でもあえて、
相場を述べるのなら、
以下のようになる。

 

お盆玉の相場
  • 小学生→1千円~3千円
  • 中学生→3千円~5千円
  • 高校生以上→5千円~1万円

 

お盆玉の相場の傾向として、
お年玉よりもチョット少な目ぐらいが目安となる。

 

だいたい相場はこんな感じだけど、
お年玉を贈る人でも、
お盆玉は贈らないという人が多い。

 

終わりに

お盆玉というのは、
郵便局でも取り扱うようになり、
全国に広まったお盆玉の風習。

 

今はお盆玉を渡す人は少なく、
まだ珍しいイベントといえる。

 

でもやがて日本を侵食し尽くして、
お盆玉が市民権を得る日が来るかも∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい