お盆のお供えには、
お菓子が用意されることが多い。

 

でも色々な事情から、
お菓子以外をお盆のお供えに、
しないとならない場合もあるよね。

 

今回リサーチしたのは、
お盆のお菓子以外のお供え物は、
なにを贈るのがマナーなのかについて。

 

お菓子以外をお探しの方に伝えたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お盆のお供えにお菓子以外が必要な理由

お盆のお供えと言えば、
お菓子を用意する人が大半。

 

でも歳をとって一人暮らしの方など、
お菓子が大量にあっても、
食べきれないという場合もある。

 

それに糖尿病であったり、
病気が原因で食べられない人も。

お盆

 

あと少子高齢化の影響で、
子どもが少なくなり、
昔ほどお菓子が喜ばれなく、
なってもいる。

 

だからお盆のお供えにできる、
お菓子以外の物を、
知っておく必要がある。

 

長期保存できるお菓子も注意

缶入りのお菓子や、
缶詰なんかも、
お供えとして人気がある。

 

でも長期保存できる物は、
いつまでも消費出来ず、
家のスペースをずっと、
占領し続けることも……。

 

だから長期保存できる食べ物は、
先方の状況を考えた上で、
お供え物にするのか決めよう。

 

生花にも注意

生花は日持ちがしない。

 

ましてや暑い夏であれば、
更にもつ日数が減るうえに、
世話も大変になってしまう。

 

だから生花を用意するのなら、
この辺りにも注意しよう。

スポンサードリンク

お菓子以外のお供え物

お盆のお供え物は、
やっぱりお菓子であることが多い。

 

でも先に述べた理由から、
お菓子をお供え物にしない方が、
良い場合もある。

 

そんな時には、
以下のような物を用意しよう

 

お盆のお菓子以外のお供え物
  • 線香
     ○専門店の少し高級な物を用意する
     ○5000円だと少量しかないけど
     ○安価な線香を贈るのはお盆にはふさわしくない
     ○腐らない点が良い
  • 花ロウソク(絵ロウソク)
     ○年忌法要などの特別な時に使うから喜ばれる
     ○和ロウソクからは煙が出ない
  • 茶葉
     ○高級な物を用意する
  • 現金
     ○お線香代、お菓子代、お花代という名目で用意する
     ○3千円~5千円が相場
     ○熨斗には御供えと書く
  • コーヒー
  • そうめん

 

終わりに

今回まとめたのは、
お盆のお菓子以外の、
お供え物について。

 

お菓子が中心となる、
お盆のお供え物

 

このお供え物を贈る習慣は、
古くからあるけど、
時代の変化に合っていない。

 

なぜなら少子高齢化の影響があり、
お菓子を喜ばない家が増えたから。

 

お盆のお菓子以外のお供え物は、
贈る家の事情を考えて選んだ方が良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい