お盆のお供え物は、
処分が必要な物も存在する。

 

今回リサーチしたのは、
お盆のお供え物の処分方法について。

 

お盆前に知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お盆のお供え物はどうする?

お供え物

仏壇にお供えした食べ物を下げた場合、
家族みんなで食べると良いと、
されているよ。

 

仏壇の仏様というのは、
線香の煙などを召し上がる。

 

お供え物は、
のような物を食べているとされているよ。

 

そしてお供え物を下ろしたら、
家族で食べるのが最高のマナーとされている。

 

お供え物は共に供する

お供え物というのは、
仏様と共に供する物とされている。

 

お供え物を食べることは、
仏様と共有することになるから、
食べることが最高の供養となる。

 

お供え物をもし食べられないのなら

お盆

お盆のお供え物は、
食べるのが最高の供養となる。

 

でも傷んだ食べ物や、
花等は食べられないよね。

 

それに御仏壇にお供えした物を、
食べることに抵抗感を持つ人もいるハズ。

 

お供え物を食べない場合の処分方法

一昔前であれば、
お盆のお供え物の処分は、
川に流すか土に埋めるかしていた。

 

でも現在は環境への配慮から、
このような事は行っていない。

 

だから以下のような方法で、
お盆のお供え物は処分しているよ。

 

お盆のお供え物の処分方法
  • 半紙に包んでゴミとして捨てる
     ○白い紙に包むのが大切
     ○お供え物を下げる前に、ありがとうございましたと感謝をする
        →お供え物を頂いた気持ちを示すため
  • 菓子折りや果物は配る
     ○お参りに来た人に配る
     ○仏壇に一度上げたのなら、配っても問題はない

スポンサードリンク

お供え物を下げる時期は?

処分

お盆の行事は、
13日~16日まで行うのが一般的。

 

もちろん地域差もあって、
1か月遅れであったり旧暦に合わせたり、
多少の違いはあるけどね。

 

日持ちする物は、
お盆の期間を通してお供えしておく。

 

一方で日持ちしない物は、
その日のうちに下げることが多いよ。

 

終わりに

今回は、
お盆のお供え物の処分方法について、
リサーチしたよ。

 

お供え物の処分で大切なのは、
仏覚めへの感謝の想い

 

お供え物を下ろすときには、
仏様への感謝の心を忘れずにね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい