ひな祭りには、
ちらし寿司を食べる家が多い。

 

華やかな見た目のちらし寿司だけど、
ひな祭りに、なぜ食べられるようになったのだろう?

 

今回のリサーチでは、
ちらし寿司がひな祭りで食べられる理由を調べたよ。

 

ひな祭りの定番!ちらし寿司が持つ意味についてさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ひな祭りのちらし寿司に意味はない?!

ひな祭りにちらし寿司を食べることに、
特別な意味はないという人もいる。

 

happy-new-year-641806_640

でも注意して欲しいのは、
ちらし寿司に意味はないと言っていても、
使われている具材が持つ意味までは、
否定していない点。

 

そう、ちらし寿司を食べる由来は、
使われている具材にあるんだ。

 

ではひな祭りに使われる、
ちらし寿司の具材には、
どのような意味があるのだろう?

 

ひな祭りに食べられるちらし寿司の具材が持つ意味
  • 海老
     ○腰が曲がるまで健康で長生きをする
     ○赤い色には魔除けの意味がある
     ○脱皮をするから出世祈願の意味もある
  • ハス
     ○穴から先が見えることから先の見通しがきくという意味

  •  ○豆に働くという意味
      →仕事がうまくいくようにという意味がある

 

寿司という言葉にも意味がある。

寿司という言葉は、
ことぶき(寿)+つかさどる(司)
と書くよね。pine-641810_640

 

だから寿司とい言うのは、
縁起のいい席で、
食べる物という意味がある。

 

このように、
具材の意味と寿司が持つ意味があり、
ちらし寿司はひな祭りの日に食べられるんだ。

 

そもそも、ちらし寿司の由来は?

最後にちらし寿司そのものの話、
ちらし寿司の由来についてまとめるよ。

 

雛祭りとは直接関係ない情報だから、
文字通りただの豆知識だけどね。

 

ちらし寿司の由来として、
一汁一菜令の説が最も有名。

 

岡山県が備前と呼ばれていた頃、
大洪水があったんだ。

 

この時に、
藩主だった池田光政公が、
一汁一菜令を発した。

スポンサードリンク

ちらし寿司の由来である一汁一菜令とは?

一汁一菜令というのは、
食事は汁物一品+副食一品のみしか、
食べてはいけないという物。

 

いうなら、
節約して復興に努めようという政令だったんだ。

 

man-578901_640

でもルールには、
抜け穴があるもので……

 

『魚や野菜をふんだんに混ぜた寿司ご飯を、
一菜として使えば問題ないんじゃね?』

 

などと考える人間が現れた。

 

こうして生まれたのが、
ちらし寿司だったと言われているよ。

 

まとめ

ひな祭りのちらし寿司

 

食べられるようになった由来を調べると、
具材に意味があることが分かる。

 

a1750_000005

でもちらし寿司その物に、
縁起の良い由来がなくとも、
具材の縁起が良い。

 

だからちらし寿司は、
おめでたい食べ物と言える。

 

もしひな祭りの日に、
ちらし寿司を食べるのなら、
縁起の良さに心を向けてみよう。

 

気持ち次第で、
ちらし寿司が一層おいしく感じられるハズさ☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい