アサリを砂抜きした後は、
量が多い場合は、
保存しなければならない。

 

では、アサリの保存方法には、
コツがあるのかな?

 

今回のリサーチでは、
アサリの保存方法についてまとめたよ。

 

アサリって腐るのが早いから保存には注意しよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

アサリの保存方法の基本

アサリは砂抜きをしたら、
量が多い場合は、
保存をしなければならない。

 

アサリの保存に関しては、
以下のような感じになるよ。

 

アサリの保存
  1. 冷蔵保存
     ○2日~3日まで保存が可能
     ○砂抜き後に真水で洗い塩水に浸ける
       →その上に濡れた新聞紙を被せる
         →その後に冷蔵庫に保管する
     ○冷蔵庫に保管している時には、新聞紙を時々ぬらす
       新聞紙を乾燥させないため
  2. 冷凍保存
     ○2週間~3週間の保存が可能
     ○風味や食感は悪くなる
     ○小分けして冷凍すると良い
       1回の料理で使う分ずつ

 

冷凍したアサリの解凍について

sponge-gourd-801562_640

冷凍したアサリは、
他の食材のようには、
調理が出来ない。

 

なぜなら貝殻が付いているから。

 

解凍後に加熱をすると、
アサリの殻が開かない。

 

だから、
直接調理をすることになる。

 

冷凍したアサリの解凍について
  • 沸騰したお湯に入れる
     ○アサリは凍った状態で入れる
       このようにしないと貝殻が開かない
     ○注意点
       アサリが解凍しているとうまくいかない
     ○  お湯の温度が下がり過ぎるとうまくいかない
  • 電子レンジを使う
     ○電子レンジにアサリを入れる
       500wで5分ほど

 

アサリの常温保存について

アサリの常温保存は、
かなり難しい。

 

アサリの保存可能な温度は、
10℃~15℃

 

だから冬であっても難しいし、
ましてや春や夏であれば、
絶望的といえる。

スポンサードリンク

アサリの保存方法を少し詳しく:冷蔵保存

冷蔵保存する方法は、
アサリの保存方法でも、
基本といえる方法。

 

砂抜きをしたあとは、
以下のように保存しよう。

 

アサリを冷蔵保存する方法
  1. 塩水を用意する
     ○塩水は3%濃度
       ※1Lの水に塩30gほど
     ○水道水はカルキ(塩素)を抜いておく
       カルキの抜き方は以下のどちらか
        水道水を一度沸騰させる
         ※その後は、もちろん15℃にまで温度を下げる
        日中外に水道水を置いておく
  2. 塩水とアサリをボウルなどに入れる
  3. 上に濡れた新聞紙を被せる
  4. 野菜室で保存すると良い
     ○通常の冷蔵スペースよりもアサリが好む温度に近いため

 

スーパーで購入したアサリの保存方法

スーパーで購入したアサリは、
砂抜きを終えている場合が多い。

 

だから上記の方法で、
そのまま冷蔵保存をしても大丈夫。

 

アサリの保存方法を少し詳しく:冷凍保存

砂抜きと塩抜きを終えたアサリを、
冷凍保存する場合どうすれば良いのか?

 

それは──

 

アサリを冷凍保存する方法
  1. 真水でアサリを洗う
     ○アサリの殻をこすり合わせるように汚れをとる
  2. 水気を取り除く
     ○キッチンペーパーなどで
  3. 金属トレーにアサリを並べる
     ○アサリが重ならないように注意する
  4. 冷凍庫に入れる
  5. 凍ったらフリーザーバッグに入れる
     ○フリーザーバッグに入れたら空気をしかりと抜く
       →こうすると急速冷凍になるので風味が失われにくい

 

終わりに

潮干狩りで大量のアサリをとれば、
保存が必要になる。

 

でも保存方法を間違えると、
傷みやすいアサリはすぐに腐ってしまう。

 

だからアサリは、
保存するまで気を抜かずに取り扱おうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい