アサリの砂抜きには、
効率的な方法がある。

 

この方法を使えば──

『ウギャァァーー
く、口の中でガリって! ガリってーー∑(゚Д゚)』

──こんな事態にならないかもしれない。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
アサリの砂抜きの方法

 

口の中に広がるガリッ! を防ぐ情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

アサリの正しい砂抜き方法

アサリの正しい砂抜きの方法を、
ここではまとめていくよ。

 

砂抜きを行う前に、
以下の道具をそろえよう。

 

砂抜きに必要な物
  • アサリ
  • 塩水
     ○可能であれば海水
     ○塩水を作るのなら3%の濃度の物を
     ○アサリ1kgに対して1Lの塩水が必要
  • アサリが重ならない大きさの平らな入れ物
     ○タライなど
  • 網カゴ
     ○洗った食器を乾燥させるときに使うザルでも良い

 

ちなみにエアーポンプを使うと、
効率よく砂抜きが出来るよ。

 

アサリの砂抜きを短時間で!少しの予算で効率的にネ♪

 

アサリの砂抜き方法:準備

アサリの砂抜きの方法をまとめると、
以下のようになる。

 

まずは、
潮干狩りの帰りに行うことから。

 

アサリを自宅に運ぶ方法
  1. アサリを真水で洗う
     ○アサリが殻を閉じる
     ○→鮮度が保たれるため
     ○空気に身が触れなくなり鮮度が保たれる
     ○運送中に他のアサリの殻が身に当たらなくなる
     ○真水は予め海水を入れる密閉容器に入れておくとよい
  2. 海水を汲む
     ○密閉容器に汲む
     ○海の深く温度の低いキレイな水を汲む
     ○アサリ1kgに1Lの水が最低でも必要

 

もし海水を汲めないのなら、
塩水を作ろう。

 

塩水は3%の濃度を目安に作るから、
水1リットルに対して塩30gを、
入れることになるよ。

 

アサリの砂抜き方法:本番

アサリの砂抜きは、
以下のような方法で行う。clams-696406_640

 

アサリが水を吐きだすとき、
1mほど水が飛ぶ。

 

だから濡れて困る物がない場所で、
砂抜きは行うようにしよう。

 

アサリの砂抜き方法
  1. 網カゴにアサリを入れる
  2. タライに網カゴごとアサリを入れる
  3. 塩水(海水)を入れる
     ○アサリ全体を塩水に浸けない方がよく砂を吐きだす
     ○アサリの頭が少し水から出る程度が目安
  4. アサリ同士が重ならないように調整する
     ○アサリが重なっていると吐き出した砂をしたのアサリが吸いこむ
  5. 新聞紙などを被せて暗くする
     ○アサリは暗い場所が好き
     ○暗い方がアサリは盛んに砂を吐きだす
  6. 2時間ほど経ったら網カゴを揺らす
     ○アサリに付着した吐き出した砂を落すため
     ○可能であれば、このとき塩水を入れ替えたい
  7. 3時間ほどで砂抜きは終了

 

アサリの砂抜きに使う水の温度

アサリの砂抜きに使う塩水や海水は、
温度にも気を付けたい。

 

20℃前後の温度が、
最も砂を吐きだすよ。fish-bowl-846060_640

 

15℃になると、
砂抜きの効率が悪くなる。

 

25℃になると、
アサリが死んでしまうし、
体力を消耗して味も悪くなる。

 

だから温度調整が必須だけど、
無理矢理温度を上げるのは避けよう。

 

水の温度が低いときには、
温かい部屋に置いて温度を上げる。

 

水の温度が高いときには、
氷を2~3粒ほど入れて、
水の温度を下げる。

 

このような形で、
ゆっくりと温度を調整するようにしようね。

 

アサリの塩抜きを行う

ここまでで砂抜きは終了。sponge-gourd-801562_640

 

でもあと一手間が残っている。

 

それは塩抜き

 

特に潮干狩りでとったアサリは、
塩分が多いので塩抜きを行わないと、
料理のときに味の調整が難しくなる。

 

だから塩抜きは、
絶対に行うようにしよう。

 

塩抜きは簡単で、
砂抜きのあと水を全部抜いた状態で、
外気に触れさせたままアサリを放置するだけ。

 

1時間ほど放置すれば、
海水をアサリが、
一通り吐き出し終わるので、
塩抜きが完了するよ。

スポンサードリンク

アサリの砂抜きと塩抜きが終わったら

この後は、
砂抜きと塩抜きををしたアサリを洗う。

 

アサリが海水を吐きだすとき、
1mほど飛ぶときがある。

 

だから近くに家電製品など、
濡れては困る物を置かないようにしよう。

 

砂抜き、塩抜き後のアサリ
  1. アサリの表面についた粘液や泥をとる
     ○真水で洗いながら洗う
  2. 中身のないアサリがないか確認する
     ○3個~5個のアサリを手で包んで振るって音を確認する
     ○軽い音がした場合は中身のないアサリがある
     ○確認するのは手の中でアサリ同士がぶつかった音

 

お疲れさまでした

これで砂抜き~塩抜きまで、
一通り終了したことになるよ。clams-378197_640

 

このあと料理をすることになるけど、
アサリの中に塩分が残っていると、
塩味が強くなり過ぎる。

 

だから塩による味付けは、
抑え気味にした方が、
良いかもしれないよ。

 

アサリの砂抜きをする時の注意点

ここではアサリの砂抜きをする時、
どのような点に注意したいのか、
まとめておくよ。

 

アサリの塩抜きで注意すること
  • アサリの砂抜き、塩抜きのとき近くに家電は置かない
     ○アサリは水を1m程飛ばす
       →電化製品や濡れて困る物は置かない
  • アサリの風味を残すには
     ○アサリの育った場所の海水で砂抜きをする
       →すると磯やアサリの香りが残る
  • 砂抜きに掛る時間は条件によって違ってくる
     ○水の温度や砂抜きに使うのが海水か水道水化などで
  • 気温の高い時期には注意
     ○気温が高いと水質が悪化してアサリが体力を消耗しやすい
  • 汚れた水では砂抜きの効率が悪い
     ○アサリを入れた水は砂などでドンドン汚れる
       →アサリが徐々に弱まり最後には死んでしまう
  • 夏場には注意
     ○貝毒が発生する可能性がある
       →アサリが食べているプランクトンに有毒な物が増えるため
     ○潮干狩りに行く前や後には情報を収集したい
       →採取地の水産技術センターHPで確認可能
  • アサリには細菌が付いていることをお忘れなく
     ○アサリについて菌を減らす工夫をしたい
       →加熱や15℃以下の低温保存、淡水で洗うなど
     ○砂抜き、塩抜きの時にアサリから吹き出る水にも細菌が住んでいる
       →まな板や食器、食品に水が付かないように注意
  • 手足の傷に注意
     ○手足の傷から細菌に感染することもある
  • 死んでいるアサリに注意
     ○死んだアサリがあると水が濁りやすい
       →出来る限り砂抜きや水抜きの時には生きたアサリのみで

 

まとめ

今回はアサリの砂抜きの方法を、
まとめたよ。

 

アサリの砂抜きは、
案外時間がかかるもの。

 

だから待ちきれなくて、
急ぎたくなるけど、
そこはグッとこらえて我慢

 

おいしくアサリを食べるためにも、
アサリの砂抜きをじっくりと行おう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい