アサリの砂抜きには、
通常だと数時間がかかる。

 

『でも早くアサリを堪能したいんや\(゜□゜)/』

 

そんな願望をお持ちの方も、
多いのでは?

 

今回のリサーチでまとめたのは、
アサリの砂抜きを短時間で終える方法

 

美味しいアサリを早く食べる方法さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

アサリの砂抜きを短時間で!

アサリの砂抜きをする時、
エアーポンプを使うと、
アサリが早く砂を吐きだす。

 

ちなみにエアーポンプは、
1000円程度で、
売っているヤツで十分だよ。

 

エアーポンプを使うと良い理由

エアーポンプを使って、
塩水に空気を塩水の中入れると、
アサリは元気よく呼吸をする。

 

だまらアサリが弱らず、
元気よく砂を吐きだす。

 

エアーポンプの使い方

まず、タライなどに
10L~30Lの塩水を張りアサリを入れる。

 

fish-bowl-846060_640

そして金魚の水槽などで使われる、
エアーポンプを使って、
塩水に空気を送り込む。

 

このとき水温を温度計で見ながら、
20℃前後を維持する。

 

このような工夫をすると、
アサリの砂抜きが、
短時間で終わるよ。

 

アサリの砂抜きで当たり前な注意点

アサリの砂抜きを、
短時間で終わらせるには、
エアーポンプを使うだけではダメ。

 

世間で多くの人が知っている、
アサリの砂抜きの工夫を実践しないと、
効率の良い砂抜きは難しい。

 

エアーポンプの使用と共に、
以下の点に気を付けて、
砂抜きは行おう。

 

世間に知られているアサリの砂抜きのコツ
  • 砂抜きに使う水は数回変える
     ○水が汚れるとアサリが弱り、最終的に死んでしまう
  • 砂抜き中は暗くする
     ○タライに新聞を被せるなどして暗くする
  • 水の温度に注意
     ○20℃前後の水温が最適
     ○15℃だと砂抜きに時間がかかるけど温度で死ぬ可能性は低い
     ○25度だと体力を消耗して死ぬこともある
  • 水の温度調整は慎重に行う
     ○水温が高いときには氷を2~3粒入れる
     ○水温が低いときには温かい部屋にタライなどを移動させる
  • 気温にも注意
     ○気温が高いと水温が高くなりがち
       ※気温の低い時期でも1番付けるのが限度とされる
  • 海水を使う
     ○自宅で作った塩水では完全な砂抜きは難しい
     ○海のキレイな海水を使うと良い
  • アサリは笊(ザル)などに入れて海水に付けておく
     吐き出した砂を再び吸い込むのを防ぐため
  • 途中で塩水を入れ替えると良い
     吐き出した砂などを再び吸い込ませないため

スポンサードリンク

アサリの砂抜きにかける時間

キレイな海水を使えば、
アサリの砂抜きは、
3時間ほどの時間で十分。

 

これ以上長いと、
死んだアサリが腐って、
生きているアサリにも悪影響がある。

 

それに長い時間をかけると、
酸欠になってしまうこともある。

※エアーポンプを使えば酸欠の心配は低い

 

アサリの砂抜きに使う水

アサリの砂抜きに使う水は、
アサリが住んでいた海の水が理想。clams-706123_640

 

3%の食塩を水道水に入れても、
塩水を作れるから、この塩水を使って、
砂抜きを行う人も多い。

 

でも潮干狩りに行った場合は、
出来る限り海水を持ち帰りたい。

 

なぜならアサリの、
砂を吐きだすペースが、
全く違うから。

 

海水の持ち帰りについて

海水を持ち変えるとき、
海水の中にアサリを入れて、
持ち帰らないようにしよう。

 

水温が上昇したりして、
アサリが弱ってしまう。

 

だからアサリは、
水に浸けないので外気に触れた状態で、
持ち帰ることになるよ。

 

アサリの砂抜きに使う水について

アサリの砂抜きに使う水については、
コチラの記事で詳しくまとめたよ。

 

アサリの砂抜きに使う水は?忘れてはいけない水の話

 

まとめ

アサリの砂抜きは、
以上の点に注意することで、
素早く抜けるよ。

 

それでも数時間は、
砂抜きに時間がかかるけど……(;´▽`A“

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい