インフルエンザで、
アルコール消毒を行う。

 

じつは、この時のアルコールには、
効果が最も高い濃度が存在する。

 

今回のリサーチでは、
インフルエンザのアルコール消毒について、
まとめたよ。

 

インフルエンザの季節に、知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

インフルエンザにアルコールが効く理由

インフルエンザの対策として、
アルコール消毒が行われる。

 

なぜアルコールには、
効果があるのだろう?

 

アルコールがインフルエンザで効果がある理由

ウイルスによって消毒の方法が違うよね。

 

これは微生物には、
化学的であったり、
生物学的に特徴があるため。

 

このため弱点も違う。

 

インフルエンザウイルスは、
を持っている。

 

この殻をエンベロープっていうけど、
殻をアルコールは溶かす。

 

このためアルコールによって、
インフルエンザを退治できるんだ。

 

もっと具体的に

石鹸やアルコールは、
を溶かすことで、
汚れを浮き上がらせる。

 

そしてウイルスの殻である、
エンベロープは脂溶性。

 

よって、
アルコールや石鹸を使うと、
エンベロープを剥ぎ取って、
無力化できる。

スポンサードリンク

インフルエンザをアルコール消毒で予防するには

アルコールの濃度などに気を付け、
消毒は行っていくことになる。

 

でも汚れがある場合は、
アルコールの効果が活きない。

 

このため、
手が汚れている時には石鹸を使い、
汚れていないときにはアルコールを使う。

 

消毒に使うアルコールの濃度について

インフルエンザ対策で使う、
アルコールは70%の物を使おう。

 

100%の濃度のアルコールは、
すぐに蒸発してしまう。

 

だから一定時間ウイルスに、
アルコールを触れさせるには、
70%濃度ぐらいがちょうどいいんだ。

 

まとめ

今回はアルコール消毒の、
インフルエンザへの効果をまとめた。

 

インフルエンザに一度かかると、
外出を結構な期間さけないとならない。

 

こまめなアルコール消毒で、
インフルエンザを遠のけよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい