インフルエンザの予防接種は、
基本的には幼児も赤ちゃんも、
2度目の接種をする間隔は変わらない。

 

免疫価の上昇を考えるのなら、
4週間を開けた方が良いとされているよ。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
そんなインフルエンザの予防接種ついて。

 

2回目のインフルエンザの予防接種を受けるための情報さ☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種は、
毎年10月の中旬から行われる。

 

接種するのは、
基本的に2回

 

2回目のタイミング

calendar

1度目の予防接種を受けてから、
抗体ができるのに3週間ほどかかる。

 

インフルエンザが流行するのは1月辺り。

 

この点を考えると、
12月中旬までには、
1回目の言予防接種を受けておきたい。

 

インフルエンザの予防接種、その効果

インフルエンザの予防接種の効果は、
成人であれば──

 

1回の予防接種で64%の予防率
2回の予防接種で94%の予防率

 

ただ、予防接種の効果は、
インフルエンザに罹ったあとにこそある。

 

インフルエンザにかかって、
重症化したり死亡する確率を、
大きく下げることができるんだ。

 

インフルエンザの予防接種回数

children-491601_640

インフルエンザワクチンは、
基本的に2回行う。

 

日本では2~4週間あけてから、
2回目の予防接種を行う。

 

対してアメリカでは、
1ヶ月以上の間隔を、
あけることが必要とされている。

 

抗体価の上昇価を見ると
1ヶ月の間隔を開けた方が良いと、
されているよ。

 

13歳未満の予防接種

幼児赤ちゃんも含まれるけど、
13歳未満の予防接種が、
過去には変更されている。

 

過去は1~4週間だった物が、
2~4週間になった。

 

これは子どもは大人よりも、
インフルエンザワクチン接種後の、
抗体価の上がり方が低いため。

 

だから抗体価が上がるように、
接種間隔を長めにとるようになった。

 

理想としては、
4週間以上の間隔を開けるたいと、
されているよ。

スポンサードリンク

13歳未満の予防接種回数

13歳未満の場合も、
2回の予防接種を行うのが基本。

 

ただインフルエンザワクチンの接種は、
任意接種だから、
保護者と医師が同意すれば、
1回だけの予防接種でも良い。ketsueki11

 

ただ幼児と蚊になると、
インフルエンザへの、
免疫力が低い場合も多い。

 

このため2回受ける方が良い。

 

まとめ

インフルエンザの予防接種は、
幼児も赤ちゃんも2回行うことが多い。

 

でも体質などの問題で、
1回だけという場合も。

 

1回目を受けるときに医師に相談すれば、
最適な回数なんかを教えてもらえるから、ぜひ相談しよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい