インフルエンザの症状で、
気になるのが子供の咳。

 

激しいは、本当に苦しそう。

 

でも、その咳は本当に、
インフルエンザによるものだろうか?

 

ひょっとすると咳の原因は、
マイコプラズマかも?

 

激しい咳が特徴の、マイコプラズマに関する情報だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

インフルエンザの感染

インフルエンザは、
咳やくしゃみなどによって空気中に飛んだ、
飛沫を吸い込んだことが原因で、
感染することが多い。allergy-18656_640

 

ウイルスを吸入すると、
2~3日の潜伏期間を経て、
様々な症状が出る。

 

症状としては、
咳や鼻水、発熱が有名。

 

インフルエンザの症状である咳は、
風邪とよく似ているから間違われやすいけど、
マイコプラズマなどによる肺炎の可能性もある。

 

インフルエンザは合併症を起こしやすい

インフルエンザになると、
肺炎や中耳炎といった、
合併症になることも多い。

 

大人よりも幼児は、
合併症になりやすいから、
注意が必要だよ。

 

子供に多いインフルエンザの合併症は?

子供に多い、
インフルエンザの合併症が存在する。

 

hai1

その合併症というのは、
肺炎や中耳炎

 

気道に損傷がある場合、
インフルエンザウイルスが、
気道から侵入する。

 

このことにより、
肺炎などになってしまう。

 

この時に感染するのが、
マイコプラズマである場合もある。

 

マイコプラズマについて

マイコプラズマというのは、
細菌の名前。

 

肺炎の20%の原因が、
マイコプラズマとも言われている。

 

だからマイコプラズマは、
身近な存在ともいえるよね。

 

マイコプラズマの感染について

マイコプラズマで感染しやすいのは、
5歳~14歳だと言われている。

 

でも乳幼児も成人も感染するので、
家族の誰かが感染した場合、
他の家族にうつる可能性は十分にある

スポンサードリンク

マイコプラズマの特徴

マイコプラズマ菌がは、
に感染することで症状が出る。

 

症状はしつこい咳と発熱だから、
インフルエンザと症状が似ている。

 

マイコプラズマに感染した症状は、
マイコプラズマ肺炎と呼ばれることから、
肺炎の一種だというのは分かるよね。

 

でも他の肺炎とは違って、
呼吸音を聴診器で確認しても、
異常を見つけにくいという特徴がある。

 

マイコプラズマへの感染について

doctor-563429_640

マイコプラズマへの感染は、
住んでいる地域にマイコプラズマが、
流行している時に可能性が疑われる。

 

マイコプラズマに対して使われる、
抗生物質は他の病気にも有効。

 

だから咳のでかたや、
合併症の様子を考慮してから、
処方されることになるよ。

 

まとめ

今回はマイコプラズマに関して、
軽くまとめた。

 

住んでいる地域に、
マイコプラズマが流行していたら、
インフルエンザでない可能性もある。

 

でも、インフルエンザかマイコプラズマかは、
診断を受けない限り判断が難しい。

 

だから咳が酷いと感じたら、
早めの診察を受けて、症状の把握に努めよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい