インフルエンザウイルスには、
アルコールでの消毒が効果的!

 

ではアルコールで手を洗うとき、
どのような点に気を付ければいいのだろう?

 

今回のリサーチでまとめたのは、
インフルエンザに効果のある、
アルコールを使った手の洗い方

 

インフルエンザの季節を健康に乗り切る情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

インフルエンザは手から感染しやすい

インフルエンザウイルスに感染している人が、
くしゃみをした!

 

a0002_007491

そして、ドアノブなんかを握ったら?

 

もしくは電車の吊り革や、
会社のドアを触った?

 

そんな公共の場にある、
誰もが触れる場所に、
インフルエンザウイルスが、
着いているかもしれない。

 

インフルエンザウイルスについて

インフルエンザウイルスは、
強い感染力を持っている。

 

でもアルコールや石鹸には弱い。

 

これはインフルエンザウイルスを包む、
エンべロープという殻が、
石鹸や消毒に弱いため。

 

アルコール消毒剤の効果

厚生労働省のホームページでは、
アルコール消毒が推奨されている。

 

石鹸などを使った手洗いは、
物理的にインフルエンザウイルスを除去すると、
書いてあるよ。

スポンサードリンク

家庭でアルコール消毒を行うのなら

家庭でアルコール消毒を行うのなら、
ジェルやスプレーがオススメ。

 

インフルエンザのウイルスは、
目に見ないから、
ドコに付着しているか分からない。

 

だから玄関近くにアルコールを置いて、
家に入ったらすぐに、
アルコール消毒を行えるようにしたい。

 

玄関に置く時の注意点

koreda01

屋外で手に着いたウイルスを、
家の中に持ち込まないように、
アルコールは玄関に置きたい。

 

でもアルコールは、
温度が低くなると効果が薄くなる。

 

だからアルコール消毒剤の温度が、
低くならないように注意しよう。

 

アルコール消毒剤の正しい使い方

アルコール消毒剤は、
速乾性が高くて便利。

 

でもアルコールは、
数秒間ウイルスに触れないと、
消毒することはできない。

 

だから15秒間は、
手の皮膚に刷り込ませるつもりで、
手に塗るようにしよう。

 

あとアルコールが薄いと、
消毒の効果が少ないから、
アルコールの濃度が、
最低でも50%の濃度がある物を探そう。

 

アルコール消毒剤の使い方
  • 15秒間は手の皮膚に塗り込むように使う
  • アルコール濃度は50%以上の物を選ぶ

 

アルコール消毒剤は手荒れに注意

アルコールは、
インフルエンザウイルスに効果がある。

 

sennjyou11

でも人間の皮膚から、
皮脂を奪う効果があるため、
手荒れの原因にもなる。

 

だからアルコール使用後には、
保湿クリームなどを、
アルコール消毒後には使いたい。

 

まとめ

今回まとめたのは、
アルコール消毒の効果に関する情報。

 

アルコール消毒を行う場合は、
インフルエンザに罹らない方法として、
手洗いは基本だよね。

 

手洗いをアルコールできっちりやって、
インフルエンザの季節を快適に乗り切ろう☆-( ^-゚)v

 

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい