インフルエンザの予防接種では、
副作用が心配になる。cyuusya11

 

一般的な副作用であれば、
2~3日という期間で回復する。

 

でも特に危険とされる症状は、
24時間後に出やすかったりと、
2~3日という括りでは治まらない。

 

だから、
どんな症状が副作用にあるのか知って、
副作用に気を付けられる準備をしておきたい。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
インフルエンザの予防接種による副作用

 

インフルエンザの予防接種前に知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

インフルエンザへの感染について

インフルエンザウイルスは、
口や鼻から体内に侵入する。

 

そして体内に侵入すると、
潜伏期間を経たあと、
ウイルスが増殖して発症することになる。

 

インフルエンザの予防接種は、
ウイルスに対抗できる免疫をつけることと、
発症後の重症化を防ぐのが目的となる。

 

でも、そんな予防接種には、
副作用が付きまとうから注意したい。

 

予防接種の副作用について

isya11

インフルエンザの予防接種後、
一般的な副作用は20%ほどの確率で起こる。

 

一般的な副作用である、
注射の痕が赤くなる、硬くなる、腫れる、
熱が出る、痛みが生じる……。

 

これらの症状は2~3日で治るよ。

 

一般的な副反応
  • 注射したヶ所が赤くはれる
     ○通常2~3日で解消される
     ○腫れた部分はこすらないようにいする
  • 発熱、吐き気、悪寒
     ○通常2~3日で解消される
     ○子どもや赤ちゃんに出やすい副作用
  • 風邪のような症状

 

上記の症状だけを見ると、
副作用は軽いと思われがち。

 

でも注意したい副作用もある。

 

それはアナフィラキシー

 

アナフィラキシー

itami11

アナフィラキシーは、
アレルギーの過剰な反応。

 

有名な話だと、
ハチに2回刺されると、
命にかかわるというものがある。

 

これもアナフィラキシーが原因

 

インフルエンザの予防接種による危険な副作用

インフルエンザの予防接種で、
危険とされる副作用には、
アナフィラキシーなど、これらの症状がある。

 

インフルエンザの予防接種による危険な症状
  • 呼吸困難
     ○急性散在性脳脊髄炎
      →脊髄を中心とする炎症で呼吸困難などの症状がある
  • 両手足に力が入らなくなる
     ○ギランバレー症候群(急性多発性神経炎)
      →予防接種を受けてから1~3週間後に発症
     ○末梢神経が短時間で麻痺する
     ○手足に痺れが出て感覚が無くなる
     ○呼吸困難になることもある
  • 皮膚や白目の部分が黄色ばむ
     ○肝機能障害、黄疸
     ○肝臓の機能が正常ではなくなる
     ○放置によって肝硬変や肝臓がんになる
  • 過度なぜんそく発作
     ○呼吸困難から酸欠になり唇や爪が青くなる

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種後に!

インフルエンザの予防接種で、
副作用が出たと思ったら、
接種後の行動が原因ということもある。

 

接種後の行動として、
以下の点には気を付けよう。

 

予防接種後の注意点
  • 予防接種後の30分は病院で待機する
     ○副反応は接種後30分の間に出るものが多いため
  • 入浴は可能
     ○注射した部位はこすらない
     ○注射した部位にボディソープなどをかけない
  • 予防接種した部位は清潔に保つ
  • 激しい運動は避ける
  • 飲酒は避ける

 

予防接種を受けられない人もいる

hanasu01

ここまで予防接種の副作用について、
色々とまとめてきた。

 

でもインフルエンザの予防接種を、
受けられない人もいる。

 

予防接種を受けられない人
  • 37.5度以上の熱がある
  • 重い急性疾患の人
  • 過去に予防接種でアナフィラキシーショックが起きた
  • 過去に医薬品投与でアナフィラキシーショックが起きた
  • 医師の診察で受けられないと判断された

 

インフルエンザの予防接種前に、
医師に伝えておかなければ、
いけないこともあるよ。

 

インフルエンザの予防接種前に伝えること
  • 持病
  • 過去に予防接種後、アレルギー反応が出た
  • 風邪の症状が出ている
  • 発育が遅く、医師などの指導を受けている
  • アレルギーを持っている
  • 自分の免疫の異常が指摘されたことがある
  • 近親者が免疫の異常が指摘されたことがある
  • 痙攣を起こした経験がある
  • 妊娠の可能性がある
  • 気管支ぜんそくを患っている

 

まとめ

今回のリサーチでは、
インフルエンザの予防接種による、
副作用についてまとめた。

 

一般的な副作用は、
2~3日以内に起こる。

 

でも困ったことに重度の副作用は、
1週間後とかに起こることが多い。

 

だからインフルエンザの予防接種後は、
しばらくの間、体調のチェックをしっかりする必要があるということだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい