インフルエンザの予防接種では、
副作用が出ることがある。

 

注射を打った場所が、
腫れたり、熱が出たりね。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
そんなインフルエンザ予防接種の副作用

 

インフルエンザの予防接種前に知りたい、副作用の話だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

記事の注意点

本来は副反応が正しい。

 

でも、医師の方にも副反応を、
副作用と呼ぶ方も多いので、
今回の記事では副作用と書くよ。

 

インフルエンザのワクチンについて

cyuusya11

インフルエンザの予防接種では、
不活化ワクチンというものが使われる。

 

不活化ワクチンは、
化学的に手を加えられており、
病原性が存在しない。

 

このため予防接種をしても、
インフルエンザに罹ることはない。

 

予防接種の副作用について

ワクチン接種による副作用は、
避けようのない症状。

 

このことを理解するには、
以下の2点を知っておく必要がある。

 

1,予防接種というものは、
異物を強制的に体内へと入れて、
免疫反応を呼び起こす。isya11

 

そして異物を排除するため、
抗体を体に作らせるのが目的。

 

2,風邪を思い出してもらえると、
発熱が体の防衛反応だって分かるよね。

 

以上のことからワクチン接種後の発熱も、
異物を追い出すための、
防衛反応と言うのが分かるはず。

 

必ずしも副作用(副反応)とは限らない

インフルエンザの予防接種後に、
発熱したとしても、
必ずしも副作用が原因とは限らない。

 

冬季によくある、
呼吸疾患が原因の事もあるからね。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種後の副作用

ここでは、
インフルエンザの予防接種後に出る、
副作用についてまとめるよ。

 

副作用の例
  • 一般的な症状
     ○嘔吐
     ○下痢
     ○吐き気
     ○筋肉痛
     ○関節痛
     ○かゆみ
     ○頭痛
     ○さむけ
     ○倦怠感
     ○発熱
     ○じんましん
  • 接種した場所に出る症状
     ○赤くなる
     ○痛みが出る
     ○腫れる
  • 重い副作用
     ○ショック症状
     ○意識障害
     ○運動障害
     ○呼吸困難
     ○けいれん
     ○ギラン・バレー症候群
       →手足のマヒや痺れ
     ○痙攣
     ○脳炎
     ○脳症
     ○黄疸
     ○嘔吐
     ○高熱

 

代表的な症状は、
こんな感じ。

 

ちなみに副作用は、
以下の可確率で出る。

 

軽い副作用の出る可能性
  • 10%~20%で出る症状
     ○症状:ワクチン接種した場所の赤み、痛み、腫れ
     ○いずれも2~3日で回復する
  • 5%~10%で出る症状 発熱
     ○症状:頭痛、さむけ、倦怠感
     ○いずれも2~3日で回復する

 

危険な副作用について

ここでは特に危険な副作用を、
まとめておくよ。

 

危険な副作用
  • インフルエンザ脳症
     ○インフルエンザがキッカケとなる
     ○症状が出ると、けいれん、意識障害が生じる
     ○6歳以下の子どもが発症する
       →1歳がピーク
     ○死亡率が15%
     ○後遺症が残る確率が25%
  • アナフィラキシーショック反応
     ○発熱よりも危険とされている
     ○呼吸困難や窒息などが生じる

 

まとめ

今回のリサーチでは、
インフルエンザの予防接種による、
副作用についてまとめた。

 

症状によっては、
かなり怖い副作用。

 

でもインフルエンザの予防接種は、
インフルエンザによる重症化を退けたりする。

 

インフルエンザの予防接種は、
デメリットとメリットを考えた上で、接種するか決めた方がいいかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい