インフルエンザの予防接種を、
赤ちゃんに打つ場合は、
卵アレルギーに注意しておきたい。

 

今回は、
そんなインフルエンザ予防接種の、
卵アレルギーの話。

 

ぜひ気を付けたい、赤ちゃんの卵アレルギーについての話さ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんも受けられる?

インフルエンザの予防接種は、
任意接種。

 

nennrei11

生後6カ月から、
受けることが可能。

 

外出可能な1歳になったら、
ぜひ受けさせたい。

 

インフルエンザの予防接種とは?

インフルエンザの予防接種では、
不活化ワクチンと言う、
死んだ病原体を使われる。

 

2~4週間を空けて、
2回注射で接種されるよ。

 

赤ちゃんの場合は、
2回とも受けないと、
十分な抗体は作れない。

 

よって赤ちゃんが、
インフルエンザの予防接種を受けるのなら、
2回の接種は確実に行おう。

 

インフルエンザの予防接種、接種するタイミングは?

cyuusya11

インフルエンザは、
12月の中旬~1月に、
もっとも流行する。

 

このため11月上旬には、
1回目の予防接種を受けよう。

 

他の予防接種の時期にも注意

インフルエンザの予防接種で使われる、、
不活化ワクチンは接種後6日日間は、
他の予防接種が受けられない。

 

そして麻疹や風疹のような、
生ワクチンは4週間、
他の予防接種を受けられない。

 

だから医師と相談して、
予防接種の計画を立てよう。

スポンサードリンク

赤ちゃんと卵アレルギーについて

インフルエンザの予防接種で、
使われるワクチン。

 

この製造には、
鶏の卵が使われている。

 

a0001_014930

でも最近は精製技術も上がり、
ワクチンにはほとんど残らない。

 

このため卵アレルギーの人でも、
症状が重くなければ、
予防接種が可能な場合が多い。

 

この辺りは、
医師による検査で、
接種可能か決まるよ。

 

症状の重い卵アレルギーとは?

を少し接種しただけで、
ショック症状が起こったり、
呼吸困難になる人。

 

このような方は、
インフルエンザの予防接種を、
受けられる可能性は低いよ。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
インフルエンザの予防接種について、
赤ちゃんの卵アレルギーをまとめた。

 

の成分は、
ほとんどワクチンには残らないけど
それでも注意が必要。

 

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種前には、
卵アレルギーがないか、しっかりと診察してもらおうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい