インフルエンザの症状が子供に出てから、
すぐにインフルエンザの検査を受けた。haha11

その結果、
インフルエンザでは無かった……。

でも症状が治まらず、
再検査したらインフルエンザだと判明……。

 

このような例は、
インフルエンザの検査ではよくあって、
特に検査のタイミングに問題がある場合が多い。

 

今回のリサーチでは、
インフルエンザの検査についてまとめたよ。

 

インフルエンザの検査を、二度手間にしないための情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

インフルエンザの検査について

1999年から保険適応となった、
インフルエンザの迅速検査。

 

検査は2000円で行えて、
全国の医療施設で実施されている。

 

インフルエンザの検査、その精度について

a0001_014930

インフルエンザの検査は、
100%の精度というわけではない。

 

検体採取の仕方や、
検査を行うタイミングなど、
色々な要因で精度は変わってくる。

 

それに適切なタイミングと方法で、
検査を行ったとしても、
決して100%の精度にはならない。

※90%以上の精度にはなるとされている。

 

インフルエンザの検査を受ける意義

インフルエンザの検査は、
大人だけでなく子供にも、
受けてもらいたい。

 

インフルエンザ検査の目的は、
陽性か陰性化の判断だけでない。

 

インフルエンザの検査は、
治療方針の決定や
感染拡大を防ぐなどの目的もある。

 

だから子供自身のためにも、
また周囲のためにも、
インフルエンザの検査は必要

 

インフルエンザの検査を受けるタイミングについて

isya11

インフルエンザの検査は、
受けるタイミングによって、
陰性か陽性か変わってくる。

 

症状が出てから12時間経っていないと、
陰性や偽陽性という結果になる。

 

だから一般的に、
インフルエンザの検査は、
発症後12時間経ってからでないと、
正確な検査結果が出ないと言われている。

 

でも48時間以上経っても検査の正確さが失われる。

 

だから症状が出てから、
12時間~48時間に、
検査を受ける必要があるよ。

スポンサードリンク

なぜ48時間経つと、検査の正確さが失われるのか

インフルエンザの症状が出てから、
検査を受けるまでに、
48時間以上かけてはいけないのには、
2つの理由がある

 

48時間以内に検査を受ける理由
  • 抗インフルエンザウィルス薬の内服
     ○タミフルは発症後48時間以内に服用しないと効果が薄い
  • 48時間後にはウイルスが減少する
     ○ウイルスが減少するため陰性という結果になる
     ○→でも体内にはウイルスがいるため周囲に感染する

 

これらの理由からインフルエンザ検査は、
発症後12時間~48時間に受ける必要がある。

 

このことは、
大人も子供も一緒だから、
年齢に関わらず注意しようね。

 

インフルエンザ検査の手技

odoroku11

インフルエンザの検査には、
細くて長い綿棒を使う。

 

綿棒をの奥深くに差し込み、
粘膜からウイルスを採取する。

 

この粘膜のウイルスを検査機にかけると、
10分ほどで検査結果が出るよ。

 

この綿棒を使った検査は、
子供がすごく嫌がる。

 

だから検査のタイミングを間違えると、
二度も子供に嫌な想いをさせることになるよね。

 

だからインフルエンザの検査を行う前には、
医師に発症から何時間経ったか伝える必要がある。

 

ちなみにインフルエンザの検査に掛る必要は、
全国の病院のどこでも3割負担で2000円ほどだよ。

 

まとめ

インフルエンザの検査方法は、
子供も大人も同じ。

 

検査方法も同じだし、
検査をするタイミングも同じだよ。

 

インフルエンザは、
感染する可能性がある病気。

 

だから子供の様子がおかしいと感じたら、
タイミングを考えた上で、検査をしっかりとしてもらおう。

 

早めに治療をすることで、
周囲への感染も子供の負担も減るからね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい