エナメル財布は、
使っていると色々な汚れがつく。

エナメル財布

 

手垢であったり、
その他の汚れであったり……。

 

今回は、
エナメル財布汚れ落とし方を、
リサーチしたよ。

 

エナメル財布の魅力を守る情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

エナメル財布の素材の特徴

エナメル財布に使われている素材は、
当然だけどエナメル。

 

このエナメルは、
革などの表面を樹脂で、
コーティングしている。

 

このため、
多少の水なら弾ける。

 

でも水に濡らして放置すると、
が残ったりするから、
水に濡らしたらメンテナンスが必要。

 

また、
直射日光に当てると、
日焼けが起こりやすい。

 

さらに、
色移りもしやすい。

 

このように、
トラブルに見舞われやすい素材が、
エナメルという素材だよ。

 

エナメル財布の保管について

汚れ

エナメル財布の素材は、
色々な物に弱い。

 

例えばエナメル財布は、
乾燥してヒビ割れをしやすいので、
使っていなくても半年に一度は、
お手入れをする必要がある。

 

それにエナメル財布の素材は、
日本の高温多湿な気候と、
相性がすごく悪い。

 

保管をする時には、
通気性の良い不織布(ふしょくふ)の袋に、
除湿剤などと一緒に入れよう。

 

そして、
ときおり袋から出すなどして、
エナメル財布の状態を確認するのも、
大切なことだよ。

 

また、
エナメル財布を保管するときは、
色移りしないように、
革や印刷した紙に密着させないように、
注意することも大切。

スポンサードリンク

エナメル財布の汚れの落とし方の前に

エナメル財布の汚れ

 

表面にべた付きが無いのなら、
すぐに対処が可能。

 

でもベタ付きがあるのなら、
まずはベタ付きを取ってから
汚れを落とすことになるよ。

 

エナメル財布のベタ付きの落とし方
  1. 消毒用エタノールをコットンに付ける
  2. 優しくこすりながら拭く
     ○全体的に同じ方向に向けて
  3. 消毒用エタノールを拭きとる
     ○薄めた中性洗剤を吸わせたコットンやスポンジを使って
  4. 乾拭き(からぶき)をする

 

ベタ付きだけで汚れを落とさないのなら、
乾拭き(からぶき)の前にクレンジングクリームや、
コールドクリームを馴染ませることになるよ。

 

エナメル財布の汚れの落し方

落し方

エナメル財布についた汚れ。

 

ベタ付きが無い状態であれば、
以下が落し方になるよ。

 

エナメル財布の汚れの落し方
  1. 柔らかい布に、薄めた中性洗剤を吸わせる 
     ○
    布はコットンなどが良い
  2. エナメル財布の表面を拭く
  3. クレンジングクリームなどをコットンに付けて拭く
  4. 浮き上がった汚れをティッシュで拭きとる
  5. 数回、3と4を繰り返す
  6. 汚れが落ちたらアルコールを吸わせた布で拭き取る

 

エナメル財布の軽い汚れに対しては

軽い汚れが付いているだけなら、
エナメル財布の汚れを、
消しゴムでこすろう。

 

それだけで、
落ちる汚れも多い。

 

エナメル財布のしつこい汚れには?

エナメル財布のしつこい汚れには、
除光液が有効。

 

除光液をエナメル財布に使う場合
  1. 除光液を綿棒に付ける
  2. 目立たない場所に塗り確認
     ○エナメルの光沢が無くならないか
  3. 除光液を財布の汚れに塗る
  4. 汚れが浮き出たら優しく拭く

 

除光液は刺激が強いから、
つけすぎるとエナメル財布が、
取り返しのつかないことになる。

 

気を付けて使うようにしよう。

 

終わりに

今回は、
エナメル財布の汚れの落とし方について、
リサーチをしてみた。

 

エナメル財布は、
繊細な素材を使っているから、
汚れを落とすときには優しさが必要。

 

エナメル財布の汚れを落とす時には、
素材を傷めないように注意をしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい