カブトムシの飼育ケースは、
大きさによって、
観賞用と長生き用とに分かれる。

 

今回リサーチしのは、
そんなカブトムシの飼育ケースについて

 

カブトムシを買う前に知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

カブトムシの飼育ケースの大きさ

カブトムシの飼育ケースは、
大きい順に並べると、
以下のようになる。

 

カブトムシの飼育ケースの大きさ
  • Lサイズ:1番大きい
  • Mサイズ
  • Sサイズ
  • SSサイズ:最も小さい

 

飼育ケースの大きさ選びは、
育てるカブトムシが、
国産外国産かで考え方を、
変える必要がある。

 

なぜなら、
外国産のカブトムシの方が、
国産のカブトムシよりも、
サイズが大きい傾向があるからだよ。

 

国産のカブトムシの飼育ケースについて

カブトムシ

国産のカブトムシの飼育ケースは、
SSサイズでも観賞用としてなら、
問題はない。

 

観賞用であれば、
ハスクチップやホダオガを、
薄く敷いて昆虫ゼリーを、
中に入れておけばOK

 

もし国産のカブトムシを長生きさせるのなら

国産のカブトムシを長生きさせるのなら、
Sサイズ以上の飼育ケースを用意したい。

 

ハスクチップやホダオガを、
4~5分目まで敷くことで、
カブトムシが潜れるようにしよう。

 

更にカブトムシは転倒すると、
弱って死んでしまうから、
転倒防止となる工夫も行いたい。

 

枯れ葉止まり木を置いておくと、
転倒防止に役立つよ。

 

ただ長生きを目的にすると、
ハスクチップホダオガに、
カブトムシが潜ることが多くなる。

 

だから干渉できる時間が、
限られてしまうから欠点があるよ。

 

外国産カブトムシの飼育ケースについて

カブトムシ

外国産カブトムシの飼育ケースは、
国産カブトムシの物よりも、
一回り大きい物を用意しよう。

 

鑑賞用のカブトムシであれば、
SSサイズでも大丈夫だけど──

 

──見ていて面白くない。

 

外国産カブトムシは、
体が大きいから小さなゲージだと、
窮屈になりあまり動かない。

 

さらに言えば、
ヘラクレスオオカブトやギラファノコギリクワガタなど、
体調が10cm以上のカブトムシもいるから、
ケージはSサイズ以上を基準に考えた方が良いかも。

 

ただ大きいサイズのケージになると、
動きやすくなるから転倒の危険性も高くなる。

 

だから枯れ葉止まり木を、
用意しておくようにしよう。

スポンサードリンク

もし外国産のカブトムシを長生きさせるのなら

外国産のカブトムシを、
長生きさせるのなら、
やはり大きめのケージが必要。

 

そして国産カブトムシの場合と同じように、
ハスクチップホダオガを、
4~5分目くらいに敷こう。

 

そして転倒防止対策も、
しっかりとろうね。

 

飼育ケージの大きさをまとめると

カブトムシを育てる時の、
飼育ケージの大きさをまとめると、
以下のような感じになるよ。

 

カブトムシを育てる時の飼育ケージの大きさ
  • Lサイズ
  • Mサイズ
     ○外国産カブトムシ(100mm以上)の長生き用
  • Sサイズ
     ○国産カブトムシの長生き用
     ○外国産カブトムシの鑑賞用
  • SSサイズ
     ○国産カブトムシ(100mm以下)の鑑賞用

 

終わりに

飼育ケージ

カブトムシを育てるとき、
ケージのサイズに気を付けることで、
カブトムシの寿命が変わってくる。

 

ケースが小さいとストレスを感じるし、
ハスクチップなどに潜って、
ゆっくり休むこともできない。

 

もちろんケージのサイズだけでなく、
温度管理や栄養の管理、
他頭飼いを避けるなどの注意点も必要。

 

それでもまずは、
ケージのサイズに気を付けることから始めよう。

 

ケージを一度購入したら、
後から新しいケージを購入しても、
カブトムシの移し替えが大変だkらね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい