クーラーボックスは、
色々な場面で活躍する。

 

特に夏場になると、
単純に物を冷やしておくだけでなく、
食中毒を防ぐためにも使われる。

 

そんなクーラーボックスの保冷力を、
アップさせよう!と、言うのが今回の記事。

 

保冷力をアップさせたクーラーボックスで夏を乗り切れ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

なぜクーラーボックスに保冷力があるのか?

クーラーボックスに、
保冷力があるのは、
熱を逃がしにくい構造だから。

 

断熱材を使って中に入れた物が、
外の熱の影響を受けないようにしている。

 

このことを考えると、
クーラーボックスの保冷力は、
断熱効果の高さにより決まるといえる。

 

だから、
断熱効果が高まるように手を加えることで、
クーラーボックスの保冷力が、
アップするということ。

 

クーラーボックスの保冷力をアップさせるには?

保冷力

クーラーボックスの保冷力は、
断熱効果をアップさせることで、
向上させられる。

 

ではどのようにすれば、
断熱効果をアップさせられるのか?

 

それは熱の反射が鍵を握っている。

 

熱の反射

外から来る熱を反射させることで、
クーラーボックスの内側の食べ物を、
温度の上昇から守れる。

 

この機能を高めることにより、
保冷力をアップさせられる。

 

今回行うクーラーボックスの改造は、
この熱を反射させる機能を、
ボックスに持たせるというものだよ。

スポンサードリンク

熱を反射させる方法

クーラーボックスに、
熱を反射させる効果を与えるには、
アルミシートを敷き詰めるだけ。

 

もちろんここで使うアルミシートは、
断熱材のアルミシート

 

アルミシートを、
内側に貼るだけで、
保冷力はアップする。

 

クーラーボックスの改造動画

 

クーラーボックスの改造手順

クーラーボックスの保冷力は、
以下の手順でアップさせる。

 

ここで行う改造は、
保冷力の低い
クーラーボックスに対しての物。

 

いわゆる安物と言われる、
クーラーボックスに対する改造だよ。

 

クーラーボックスの改造方法
  1. 本体を分解する
  2. 中の発泡スチロールを取り出す
  3. 発泡スチロールにアルミシートを貼る
     ○貼るのはスチロールの外側
     ○クーラーボックスの外側に銀色の面を向けて貼る
     ○二重にならないように貼る
     ○隙間なく貼る
  4. 本体に発砲スチロールを戻す
  5. フタを分解する
  6. フタの中が空っぽならスチロールを詰める
     ○丁度よい大きさに切りスチロールを入れる
  7. クーラーボックスを組み直す

 

分解できないタイプのフタには、
建築用発砲ウレタンスプレーを、
吹きつけると良い。

 

終わりに

今回まとめたのは、
クーラーボックスの、
保冷力をアップさせる方法。

 

クーラーボックスを、
滅多に使わない場合は、
この位の保冷力で十分かもしれない。

 

ただ使用頻度が多かったり、
特別な使用目的がある場合は、
少し高めの物を購入した方が良いかもしれないよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい