クーラーボックスが活躍する夏。

 

でも保冷力が心もとない……。

 

このような場合は、
今回まとめた工夫を使って、
保冷力をアップさせよう。

 

クーラーボックスが進化する情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

クーラーボックスの保冷力アップ方法

クーラーボックスの、
保冷力をアップさせるのなら、
以下のような工夫をしてみよう。

 

夏の暑い日の心配が少し減るよ。

 

クーラーボックスの保冷力アップ方法
  • ソフトクーラーバッグに入れる
     ○小型のクーラーボックス専用の方法
     ○断熱性が向上する
     ○直射日光の影響が減る
  • 銀マットで覆う
     ○大型のクーラーボックスの場合に使う方法
  • クーラーバッグの底面を床や地面から離す
     ○地面からの熱の影響はかなり大きい
     ○角材などを地面との間に置く
  • 直射日光を避ける
     ○自立式のタープ等の下に置く
  • クーラーボックスの中に小型のソフトクーラーを入れる
     ○更にソフトクーラーの中に保冷剤を入れる
     ○ソフトクーラーの開け閉めで温度調整ができる
       →冷やし過ぎという無駄が減る
  • クーラーボックスの内部に工夫をする
     ○ウレタンシートを貼る
  • フタの上に工夫をする
     ○防水クッションをかぶせる
  • 保冷剤に工夫をする
     ○保冷剤のエアキャップの袋などを梱包材で包む
  • 保冷剤をアウトドアブランドの物にする
     ○凍らせるのに18時間以上かかるから注意
  • 食材を凍らせて入れる
     ○冷凍可能な食材を凍らせる
  • 使用前にクーラーボックスを冷やす
     ○使用直前まで氷を入れておくなどする
  • 大小の氷を使い分ける
     ○小さな氷は冷やす力が強いけど溶けやすい
     ○大きな氷は冷やす力は低いけど溶けにくい
  • 必要以上にクーラーボックスを開けない
     ○冷たい空気が外に漏れないようにするため

スポンサードリンク

クーラーボックスの保冷力アップの荒業

クーラーボックスの、
保冷力をアップさせるのに、
いくつか荒業がある。

 

保温力

例えばある程度の時間が経ったら、
コンビニで氷を購入して、
袋ごとクーラーボックスに入れる。

 

木材やコンパネを使い、
クーラーボックスを覆う箱を作る。

 

更には改造するという人もいる。

 

 

クーラーボックスの改造方法は、
コチラを参考にしてね。

 

クーラーボックスの保冷力アップ!改造はアルミ1枚で可能

 

まとめ

今回まとめたのは、
クーラーボックスの保冷力アップの、
小技について。

 

夏場に活躍するクーラーボックスは、
使いこなしたいところ。

 

使いこなさないと、
食材なんかに悲劇が訪れるからね。

 

今回の保冷力アップの小技を使って、
クーラーボックスをしっかりと使いこなそう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい