クーラーボックスから、
保冷力をとったら、タダの箱。

 

だから保冷力は最強を目指す!

と、いうのは後悔の原因になるかも。

 

今回リサーチしたのは、
クーラーボックスの最強の保冷力についてと、
クーラーボックスの選び方について。

 

クーラーボックス選びで知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

クーラーボックスを買う前に

クーラーボックスを買う前には、
使う状況を考えたい。

 

最低でも、保冷日数、容量、
ハードクーラーかソフトクーラーか、
キャスター付きか、

 

クーラーボックスの保冷日数

クーラーボックス

クーラーーボックスには、
保冷日数の表記がある。

 

保冷日数とは、
温度が20度前後の室内で、
クーラーボックス内に入れた氷が、
完全には溶けていない状態のこと。

 

5日という表記のクーラーボックスもあるけど、
それらは長くても3日間が保冷能力の限界だよ。

 

クーラーボックスの容量

クーラーボックスの容量は、
以下のように使い分けよう。

 

クーラーボックスの容量
  • 50L
     ○2Lのペットボトル16本分
     ○4人家族の1泊2日の旅行で使う
     ○4人家族の2泊3日旅行ならソフトクーラーも使う
  • 30L
     ○2Lのペットボトル6本分
  • 15L
     ○2Lのペットボトル4本分

 

容量の大きなクーラーボックスほど、
保冷剤の消費が大きくなるし、
より多くの保冷剤が必要となる。

 

ハードクーラーとソフトクーラーの使い分け

クーラーボックス

ハードクーラーとソフトクーラーは、
容量に合わせて使い分けよう。

 

20L以下であればソフトクーラーで、
20L以上であればハードクーラー。

 

このように使い分ければ
大きな問題は生じにくい。

 

もし20L以上でソフトクーラーを使うのなら、
中身の重さで変形してしまう。

 

20L以下のハードクーラーは、
無駄な荷物になりやすい。

 

だから20Lを目安に、
使い分けるようにしよう。

 

ハードクーラーとは?

一般的なクーラーボックスは、
ハードクーラーを指す。

 

頑丈につくったボディの中に、
断熱材を入れることで、
保冷効果を得ている。

 

ハードクーラーに使われる断熱材は、
真空断熱パネル、発泡ウレタン、発泡スチロールが、
一般的だよ。

 

断熱素材の性能は、
真空断熱パネルを頂点にして、
真空断熱パネル>発泡ウレタン>発泡スチロール
と、なっている。

 

ハードクーラーの断熱材
  • 真空断熱パネル
     ○釣り用のクーラーボックスに使われることが多い
     ○最高の断熱効果がある
     ○値段も高い
  • 発泡ウレタン
     ○一般的なクーラーボックスの断熱材
  • 発泡スチロール
     ○安いクーラーボックスに使われることが多い

 

 

最強の保冷力は?

クーラーボックス

最強の保冷力を持つのは、
真空断熱パネルを使った、
クーラーボックス。

 

でも真空断熱パネルは、
釣り用のクーラーボックス以外では、
滅多に使われない

 

さらには、
釣り用クーラーボックスは、
釣り人に合わせたる。

 

だからキャンプなどには、
不向きだったりする。

 

この点を考えるとキャンプなどには、
真空断熱パネルを使った、
高性能のクーラーボックスは、
不適切とも考えられる。

 

よってキャンプなどのクーラーボックスは、
保冷力以外の要素も総合的に考えて、
選んだ方が良いよ。

 

ソフトクーラーとは?

ソフトクーラーは、
コンパクトに収納ができる。

 

でもハードクーラーと比べると、
保冷力が低く、
1泊2日程度の保冷が限界だよ。

スポンサードリンク

キャスター付きのクーラーボックスについて

最近のオートキャンプ場では、
リヤカーの貸し出しを行う所も多い。

 

だからキャスターがb、
問題にならないことが多いよ。

 

そんなキャスター付きのクーラーボックスには、
メリットとデメリットがある。

 

キャスターが付いているから、
重いクーラーボックスでも、
楽に運べるのがメリット。

 

一方でデメリットとして、
通常のクーラーボックスよりも、
容量が減ることが挙げられる。

 

また凹凸のある場所では、
車輪が回らない場合もあるよ。

 

だから、
凹凸のある場所での使用を考えるのなら、
車輪の大きめの物を選ぼう。

 

釣り用クーラーボックスってキャンプに使える?

クーラーボックス

釣り用のクーラーボックスは、
キャンプに使うことも可能。

 

でも、キャンプなどに使う、
アウトドア用のクーラーボックスと、
釣り用のクーラーボックスとでは、
違いがあるよ。

 

釣り用のクーラーボックスは、
釣り人のために設計されている。

 

釣り人は、
クーラーボックスを担いで移動するので、
軽さを最優先に考えている。

 

同時に釣った魚の鮮度をキープするために、
保冷力の高さも重要となる。

 

このため、
保冷力アップのために真空断熱パネルを使い、
小容量であっても高価格となることも多い。

 

それにもまた、
魚に合わせて横長にしたり、
取り出しやすくするために、
小窓を用意したりしている。

 

一方でキャンプ用のクーラーボックスは、
それなりの容量があり、
それなりの保冷力があれば、
重さが問題にされることは少ない。

 

だから釣り用のクーラーボックスを、
キャンプなどに用いるのは、
少し不便かもしれないよ。

 

保冷力を長持ちさせるコツ

クーラーボックス

クーラーボックスの保冷力は、
クーラーボックスの扱い方によっても、
変化する。

 

だから、
保冷力を長持ちさせるコツを、
しっかり知っておこう。

 

クーラーボックスの保冷力アップのコツ
  • フタの開け閉めは最小限にする
     ○フタを開けるたびに冷たい空気が抜ける
  • 水を抜く
     ○氷が溶けて水になったら水を抜く
  • 直射日光に当てない、地面に触れさせない
     ○日光地面から伝わる熱が温めてしまう
  • 二重構造にする
     ○クーラーボックスの中に小さなクーラーボックスを入れる
       フタを開けても抜ける空気が少なくなる
       食材や飲料ごとに分けると良い

 

最強のクーラーボックスとは?

保冷力を見るのなら、
ダイワやシマノから出ている、
真空構造のクーラーボックスが、
最強と言われている。

 

でもダイワから出ている、
1番大きな真空構造のクーラーボックスは、
80Lの物だけど値段が59500円もする

 

これほどの性能が必要な場面は、
滅多にないので買う前に良く考えた方が良いかも。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい