コーヒーが、
健康に良い影響を与えると、
最近は言われているよね。

コーヒー

 

コーヒーが健康に良いのなら、
毎日飲む方にはありがたい話。

 

今回は、
コーヒーが持つという健康効果について
リサーチをしてみた。

 

コーヒーの凄さを実感できる情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

コーヒーの健康効果

コーヒーを飲む事で、
色々な健康効果が、
期待できるとされている。

 

この効果の大半は、
コーヒーの成分である、
カフェインやクロロゲン酸によるもの。

 

いくつかを挙げると──。

 

コーヒーの健康効果
  • リラックス効果
  • 消化の促進
  • 眠気を覚ます
  • 脂肪燃焼効果のアップ
     ○飲んで30分間は有効
     ○運動をすると良い
  • 糖尿病予防
  • がん予防
  • コレステロールの抑制
     ○ダイエット効果
  • 記憶力の向上
  • 認知症予防
  • うつ病の改善
  • 肝臓への負担を減らす
     ○お酒を飲む前に飲むと良い

 

インスタントコーヒーでも、
レギュラーコーヒーと比較してもその効果に、
大きな違いは無いと言われているよ。

 

コーヒーと癌

コーヒー

肥満や高血圧になると、
肝臓が弱ってしまい、
肝臓がんになる事が。

 

この大きな原因である、
肉類などの負担は、
コーヒー効果で弱める事が出来る、

 

これは、
脂肪を分解するリパーゼを、
コーヒーが含んでいるからだよ。

 

またクロロゲン酸が、
癌細胞の転移や増殖を、
防いでくれるとも言われている。

スポンサードリンク

コーヒーの摂取目安量

健康効果

コーヒーは、
飲み過ぎると体によくない。

 

これは、
胃痛や中毒の原因になるから。

 

では何杯くらいに、
飲む量を留めれば良いのかというと、
3~4杯程度まで。

 

もちろん、
コーヒーの濃さなどによっても、
何杯までがベストなのかは、
変わってくるから注意をしよう。

 

カフェインの摂取量について

成人のカフェイン摂取量は、
400mgまでとされている。

 

このカフェインは、
コーヒー3~4配分ぐらいで、
摂取される量だよ。

 

コーヒーの眠気覚まし効果を期待するのなら

コーヒーを、
眠気覚ましの為に飲む方も多い。

 

この眠気覚ましの効果は、
飲んでから20~30分後にでる。

 

その後、
8~14時間効果が続くとされているよ。

 

インスタントコーヒーの保存方法

良い

多くの方の身近にある、
インスタントコーヒー

 

一般的なコーヒーと、
成分の違いはない。

 

でも体に悪い印象がある。

 

コーヒーの健康効果!インスタントが体に悪いって本当?

 

このインスタントコーヒーだけど、
保存するコツがある。

 

インスタントコーヒー保存のコツ
  • 開封時
     ○口の紙は縁だけ残して平らにする
  • 保存場所
     ○冷暗所で保存するのが基本
     ○冷凍庫に入れる場合
       酸化が遅くなるメリットがある
        酸化は温度に影響されるため
       結露がつくと劣化するから注意
        →冷凍庫から出したら早めにもどす
  • コーヒーを取り出す時のスプーンにも注意
     ○水分がついたまま使わない
  • 湿気や空気を入れない

 

消費期限切れのインスタントコーヒーの活用方法

健康

インスタントコーヒーは、
長持ちをするけど、
飲みきれないときがある。

 

そして消費期限切れに──。

 

でもこのような場合でも、
活用方法がある。

 

消費期限切れのインスタントコーヒーの活用方法
  • 植物の肥料として使う
  • 家の中に置いて脱臭に使う
  • 虫よけに使う
  • バスタブに入れる

 

ネットを探すと、
こういった使い道が見つかるよ。

 

なお、
インスタントコーヒーは、
開封すると1ヶ月ほどしか、
もたないから注意をしよう。

 

終わりに

今回は、
コーヒーの健康効果について、
お伝えした。

 

コーヒーは健康に良い成分が、
含まれていると言われている。

 

でも飲み過ぎると健康に悪いから、
飲むのは1日に3~4杯までにしておこうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい