ドライアイスに指なんかが触れることで、
火傷っぽい状態になる。

ドライアイス

 

これは、
ドライアイスを処分する時などに、
よく起こる事故。

 

今回は、
ドライアイスによって起こる、
やけどのような症状について、
リサーチをしたよ。

 

イザというときのために覚えておきたいドライアイスの情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ドライアイスのやけどは赤いけど……

ドライアイスに触れると、
熱い!と、感じる。

 

でもコレは錯覚

 

皮膚の表面の細胞が、
ドライアイスの冷たさによって損傷し、
その痛みの刺激を熱さだと、
脳が錯覚しているだけだよ。

 

ドライアイスに触れてなるのは凍傷

処置

ドライアイスに触れると、
水ぶくれが出来たりして、
火傷っぽい状態になる。

 

でも実は凍傷

 

だから、
治療方法は火傷とは全く違うから、
注意をしよう。

 

凍傷、低温やけど、しもやけの違い

凍傷は、
低温やけど、しもやけと、
勘違いしやすい。

 

ここでは、
どのような違いがあるのか、
少し確認してみよう。

 

凍傷、低温やけど、しもやけの違い
  • 凍傷
     ○寒さにより血流が悪くなる
       →血液の血液が増す、血液が固まる、血管が縮むなど
     ○血が通わなくなった部位は色々な症状が出る
       →水膨れや痒みなど
     ○重度になると自力では治せない
     ○見た目では進行の度合いが判別しづらい
       →放置すると細胞が壊死する
  • 低温やけど
     ○本来は火傷しない程度の温度で火傷する
       →ストーブなどに長時間あたるなどして
  • しもやけ
     ○5度より気温が低い地域であればなる可能性がある
     ○静脈の収縮がスムーズに行われなくなる
       →血液の液体成分が血管外に逃げてしまう
       →むくみや痒みなどが生じる

スポンサードリンク

ドライアイスのやけどへの処置方法は?

ドライアイスに触れて、
やけどのような症状が出ることは、
わりと起こりやすい。

 

もし、そんな事態になったら、
どのように処置すれば良いのかを、
お伝えするよ。

 

ドライアイスのやけどっぽい症状の処置方法

やけど

まず注意をして頂きたいのは、
ドライアイスで起こる、
やけどっぽい症状は凍傷であること。

 

ドライアイスは-78度と、
とても温度が低い。

 

このドライアイスに触れると、
触れた部分の皮膚や下の細胞組織が、
一気に凍結してしまい凍傷となる。

 

だから、やけどをした時の応急措置だと、
悪い結果になるから注意をしよう。

 

ドライアイスのやけどへの処置方法は?
  • ぬるま湯で患部を徐々に温めるのが基本
       →水面気などにぬるま湯(40度~42度)をはる
  • ドライアイスと皮膚がくっついているとき
     ○無理に離そうとすると皮膚が破れる
       →ぬるま湯(40度~42度)で徐々に温めてとる
  • 子供がドライアイスでやけどっぽい症状になった場合
     ○皮膚が薄いので早めに応急措置をする
     ○ぬるま湯で患部を徐々に温める
  • しばらく経って痛みや水ぶくれがあるのなら
     ○医師に診察してもらう
  • ドライアイスの凍傷で行く病院は?
     ○皮膚科か整形外科が良い

 

ドライアイスのやけどっぽい症状で行く病院

ドライアイスで、
やけどっぽい症状が残った場合、
病院に行った方が良い。

 

応急措置をしても、
痛みや水ぶくれが残ったのなら、
早めに行くようにしよう。

 

凍傷により皮膚の下の細胞組織が損傷し、
雑菌が入ったりすると化膿してしまう。

 

だから、
患部を清潔にしたら、
急いで病院に行きたい。

 

行く病院の科は、
皮膚科か整形外科が良い。

 

もし症状が酷いのなら、
専門性の高い形成外科が良い。

 

ドライアイスのやけど跡について

ドライアイス

ドライアイスで、
やけどっぽい症状が出た時の残る

 

これは、
軽い物なら時間と共に消える。

 

でも稀にではあるけど、
痕が残る場合がある。

 

このは、
どのように消せば良いのだろう?

 

ドライアイスのやけど痕について
  • 保湿をしっかりと行う
  • ビタミンC配合の美容液を患部に塗るなどをする
  • 紫外線に痕を当てない
  • 手術をする
     ○症状が軽いのなら
       凹凸のある皮膚表面を削る
     ○範囲が狭いのなら
       患部の皮膚を切除して縫う
     ○広範囲なら
       皮膚の移植
       術後は縫合跡が残る
        →多くの場合は半年で消える
     ○美容皮膚科では
       レーザー治療を受ける場合も

 

終わりに

今回は、
ドライアイスのやけどについて、
リサーチをしてみた。

 

その結果ドライアイスによって出来る、
あの症状はやけどではなく凍傷であると、
わかった。

 

だから、
行うのはやけどの応急措置ではなく、
凍傷の応急措置。

 

なお、ドライアイスに、
数秒触れただけの凍傷への処置方法は、
ぬるま湯で徐々に温めるのが基本だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい