ドライアイスは、
量が多ければ捨て方に迷う物。

ドライアイス

 

果たして、
どのような捨て方が安全なのだろう?

 

今回は、
ドライアイスの捨て方について
リサーチをしたよ。

 

白くてモクモクした煙がトレードマークなアイツの話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ドライアイスって何?

ドライアイスというのは、
二酸化炭素を、
ギュットして一気に冷やした物。

 

実際に使われる二酸化炭素は、
製油所の精製過程、
アンモニアの製造過程、
ビール工場等の発酵過程などで、
副産物から出た物が多いよ。

 

ドライアイスの用途

捨て方

ドライアイスは、
保冷剤としての使用が、
もっとも有名だよね。

 

アイスクリームや鮮魚なんかで、
よく用いられているよ。

 

ドライアイスの捨て方

ドライアイスは少量であれば、
自然に昇華するのを待てばよい。

 

常温で放っておけば、
勝手に二酸化炭素になる。

 

もし早くドライアイスを処分したいのなら、
水の中に入れると良い。

 

ただし、
ステンレス製の流しなどに直接触れさせると、
急激な温度変化によって、
流しが壊れてしまうかもしれない。

 

だからドライアイスを水に付ける時は、
バケツなどに水をはって、
その中に入れるようにしよう。

スポンサードリンク

ドライアイスの捨て方の注意点

ドライアイスの捨て方には、
色々な方法がある。

 

基本となるのは、
放置か水に浸らせることだけど、
これらを行う前に、
少し注意したいことがあるよ。

 

ドライアイスの捨て方の注意点
    • ドライアイスを取り出すときの注意
       ○直接触れない
         -79℃だから凍傷になる
    • 容器に入れて密閉しない
       ○気体になると750倍になって容器が爆発する
    • 通期の悪いところにはおかない
       ○二酸化炭素が増えすぎて酸欠になることがある

 

ドライアイスは爆発する

流し

ドライアイスの捨て方で、
特に注意をしたいのが、
密閉容器に入れると爆発する点。

 

密閉容器に入れると、
気体となったときに爆発して、
怪我の原因となる。

 

ここでいう容器と言うのは、
アルミ缶やラムネのビンだけでなく、
ペットボトルも含まれるよ。

 

また、ゴミ袋などに入れて、
爆発してしまったという事例もある。

この場合は、
ゴミが散乱して酷いことになったとか。

 

だからドライアイスは、
気体にすることで処分するようにしよう。

ドライアイスでの火傷

ドライアイスに直接触れると、
火傷をしたような痕が残ることがある。

 

皮膚が傷ついた痛みを、
脳が暑さと勘違いするので、
火傷だと思われがちだけど凍傷。

 

だから治療方法が、
火傷の時とは違ってくるから、
注意をしようね。

 

とりあえず、
ドライアイスを扱うときには、
手袋をはめるようにしよう。

 

終わりに

今回は、
ドライアイスの捨て方について、
リサーチをしてみた。

 

ドライアイスは、
電子レンジやオーブントースターに入れても、
昇華するのは早まらない。

 

だからバケツなんかに入れた水に入れて、
気体にする捨て方が最も行いやすいと思う。

 

そんなドライアイスは、
密閉容器に入れるなどすると、
怪我の原因になる。

 

だから怪我に注意をして
ドライアイスは捨てるようにしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい