ハロウィンと言えばかぼちゃpumpkin-677438_640

 

ハロウィンのかぼちゃと言えば、
顔のようにくり抜かれている。

 

このお化けかぼちゃは、
ジャックオランタンと呼ばれている。

 

今回まとめたのは、
ハロウィンの定番である、
顔のようにくりぬいたかぼちゃの作り方

 

ハロウィンを盛り上げる、定番かぼちゃの作り方さ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

ハロウィンのかぼちゃををくりぬくための道具

ハロウィンのカボチャをにするには、
くりぬくための道具が必要。

 

以下のような道具を用意しよう。

 

かぼちゃををくりぬく道具
  • ハロウィンのカボチャ
     ○9月下旬になると売られる
     ○ホームセンターやネットで購入可能
  • 皮を切る道具
     ○包丁、カッター、ナイフ(ナイフがオススメ)
  • 赤色のマジックかクレヨン
     ○顔の舌が気に使う
     ○薄く書くとよい
  • 手袋

 

かぼちゃを顔にする作業

pumpkin-562409_640

ハロウィンらしい顔にするためには、
三角の目とギザギザの口にすると良い。

 

では、具体的な、
かぼちゃのくりぬき方をまとめるよ。

 

かぼちゃのくりぬき方
  • 顔を下書きする
     ○かぼちゃに書く
     ○マジックやクレヨンを使う
  • かぼちゃのヘタの部分を切る
     ○手が入るぐらいの大きさにする
      →この穴から中身を取り出す
  • 中身を取り出す
     ○実や種を取り出す
     ○中身が残っていると腐るので注意
  • 切れ目を入れる
     ○下書きの線の外側を切るのがポイント
      →マジックなどの跡が残らない
     ○大きなパーツから切っていく
     ○一度で切るのではなく何度も、何度も刃を入れる
  • 切ったパーツを外す
     ○内側から外へと指で押さえて外す
     ○外せないのなら、もう少し切れ目を深くする
  • かぼちゃを乾燥させる
     ○風通しの良い所に置く
     ○日射しには当てない
  • ろうそくや、ランタンの土台を作る
     ○最初の方で外したヘタの部分を使うと良い
      →もしくはロウソク台などを使う
  • 火を灯したロウソクなどに、かぼちゃを被せる

スポンサードリンク

顔の形にくりぬいたかぼちゃの保存方法

かぼちゃは生物。

 

だいたい1週間ほど、
もてばよい方だと言える。

 

でも工夫次第では、
もう少し長い期間保存できる。

 

かぼちゃを保存するコツ
  • 湿気を避けて保存する
  • 涼しい場所に置いておく
  • 直射日光は避ける
  • 水に漂白剤を薄めた物に漬ける
  • 定期的に漂白剤入りのスプレーをする
     ○雑菌の繁殖を防ぐため

 

まとめ

pumpkin-508684_640

今回のリサーチでは、
ハロウィンの定番である、
顔のようにくりぬいたカボチャ。

その作り方をまとめた。

 

くりぬき方のコツは、
一度で切ろうとしないこと。

 

なんども下書きをなぞって、
少しずつ切れ込みを深くしよう。

 

 

少し作るのは大変だけど、
パーティーなんかの雰囲気を、
すごく良くしてくれる。

 

パーティーなんかを企画しているのなら、
ぜひ用意したい一品だよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい