ファンヒーターには、
大きく分けて石油(灯油)とガスの2種類がある。

 

今回のリサーチでは、
石油とガスのファンヒーターを比較した

 

気になる冬の友、石油とガスのファンヒーター比較だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

石油とガスのファンヒーターを比較する前に

比較に入る前に、
石油ファンヒーターとガスファンヒーターの、
優れた点についてチェックしておこう。

 

石油ファンヒーターについて

petrochemistry-785588_640

石油ファンヒーターは、
性能が徐々に上がっている。

 

だから現在の状況で、
どんなメリットがあるのかという形になるけど……

 

石油ファンヒーターのメリット
  • 引っ越しをしても手軽に持って行ける
  • 量販店で手軽に買える
  • 色々な部屋で使える
  • 買えばすぐに使える
  • 値段が安い

 

天井が黒ずむという噂はあるけど、
石油ファンヒーターは、
灯油をガス化している。

 

だから、黒ずむというのは、
ただの噂だよ。

 

ガスファンヒーターについて

gas-630616_640

石油ファンヒーターよりも、
新しい技術という印象のある、
ガスファンヒーター

 

ここでは、
ガスファンヒーターの、
メリットをまとめるよ。

 

ガスファンヒーターメリット
  • 温まり始まるのが早い
  • 空気が汚れない
  • 漏れ防止機能が2重~3重
  • 小型の機器が多い
  • 給油を必要としない

 

家のガスが都市ガスであれば、
ガス料金は高くはならないとされている。

 

でもLPガスの場合は、
割高になる傾向がある。

スポンサードリンク

石油とガスのファンヒーターを比較!

石油とガスのファンヒーターを、
ここでは比較するよ。

 

石油とガスのファンヒーターの比較
  • 立ち上がりのスピード
     石油ファンヒーター
      ○少し時間がかかる
        ガスファンヒーターより必要な準備が多いから
         準備:灯油を気化させる→芯に伝わらせる
      ○最近は立ち上がりが早くなっている
        →クイックボタンがあるため
     ガスファンヒーター
      ○すぐに立ち上がる
        →最初から気体(ガス)であるため
  • 臭い
     石油ファンヒーター
      ○立ち上がり時と消火時に臭いがある
     ガスファンヒーター
      ○臭いは特にない
  • 周囲への影響
     石油ファンヒーター
      ○結露現象がでやすい
        →水蒸気が多いため
     ガスファンヒーター
      ○結露現象は少ない
        →発生する水蒸気が少ないため
  • 本体の重さと大きさ
     石油ファンヒーター
      ○燃料タンクがあるため大きい
     ガスファンヒーター
      ○燃料タンクが必要ないので小さめ
  • 燃料補給
     石油ファンヒーター
      ○給油が必要だが性能差が大きい
        →最近は7L缶の物で2週間は持つようになった
     ガスファンヒーター
      ○給油をする必要はない
  • コード
     石油ファンヒーター
      ○必要ないためドコでも使える
     ガスファンヒーター
      ○専用コードが必要
        →使える場所が限られる
  • 値段
     石油ファンヒーター
      ○1時間の燃料費が15円ほどと、わりと安め
     ガスファンヒーター
      ○1時間の燃料費が23円ほどと、割高
        ※都市ガスかLPガス化で燃料費は大きく違ってくる

 

まとめ

今回のリサーチでは、
石油ガスのファンヒーターを比較した。

 

コードの問題から、
ガスファンヒータ-は特定の場所でのみ、
使うことが多い。

 

一方で石油(灯油)ファンヒーターは、
値段の安さや燃料費、本体価格などから、
手軽さがウリと言える。

 

それにコードの制限もないから、
色々な所で手軽に使える。

 

石油とガスのどちらを選ぶ場合は、
自分のライフスタイルに合っているのはどちらか?

 

こんな感じで、自分の生活を基準にして考えるのが大切かもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい