プリザーブドフラワーは、
枯れない加工がされた花。

 

かなりの期間枯れないのだけれど、
どのような加工がされているのだろう?

 

今回は、
プリザーブドフラワーが枯れない理由を、
リサーチしたよ。

スポンサードリンク

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーは、
生花のような新鮮さを持っており、
枯れにくいこともあり魔法の花と呼ばれている。

 

生花を特殊な技術で加工し、
長期保存を可能にしている。

 

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いは?

生花プリザーブドフラワーと、
ドライフラワーは、
作り方に違いがあります。

 

ドライフラワーは、
花を乾燥させて作ります。

 

乾燥方法には何種類もあり、
自然乾燥であったり、
乾燥剤であったり色々です。

 

プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーは、
水分を保存液に置きかえて作られます。

 

手順としては、
水分を抜く→保存液を吸わせる→乾燥させる

 

水分を抜く時には脱色し、
保存液を吸わせるときに着色をします。

 

このためプリザーブドフラワーは、
花を好きな色に出来ます。

 

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違い

ドライフラワーの外見は、
花がシワシワでパリパリ。

 

飾っておくと色あせしやすい。

 

プリザーブドフラワーの外見は、
生花と変わらない。

 

イギリスであれば10年ほど変わらず、
日本だと2年ほどで色あせたりする。

 

なぜプリザーブドフラワーは枯れないのか?

プリザーブドフラワーが枯れないのは、
保存液を吸わせているから。

 

プリザーブドフラワーの中では、
水分が保存液に置き換わっており
その影響で朽ちにくくなっている。

スポンサードリンク

プリザーブドフラワーを楽しめる期間

プリザーブドフラワーは、
10年程は枯れない。

 

でも美しい状態は、
長くて2年間程度。

 

日本の高温多湿な気候が、
プリザーブドフラワーに適していないため、
このように美しさを維持できる期間が短い。

 

一方で、
プリザーブドフラワーに適した気候の、
ヨーロッパであれば10年は、
美しいままだと言われているよ。

 

プリザーブドフラワーを長い期間楽しむには?

プリザーブドフラワーは、
2年ほどで美しさを失う。

 

でもいくつかのポイントを気を付けると、
もう少し美しさを楽しめる。

 

例えば、
クリアケースに入れるなどして、
湿度や紫外線から守るのも、
一つの手だと言える。

 

他にも、
プリザーブドフラワーの天敵である、
を与えない。

 

置く場所に気を付けるなどの、
工夫を行いたい。

 

置く場所の注意点
  • 置く場所の湿度
     ○湿度の少ない場所に置く
     ○最適湿度は30%~40%
  • 置く場所の光
     ○日光や照明の光が直接当たらない場所
  • 置く場所の温度
     ○適温は22度以下

 

終わりに

今回は、
プリザーブドフラワーが枯れない理由を、
リサーチしてみた。

 

理由は簡単で、
花の水分が保存液に、
置き換わっているから。

 

そんなプリザーブドフラワーは、
基本的に2年ほどしか、
美しさは維持できない。

 

でも、
手入れ次第ではもっと長く楽しめる

 

長期間楽しめるのがウリの、
プリザーブドフラワー。

 

せっかくだから、
手入れに気を付けて長く楽しもう☆-( ^-゚)vあ

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい