ベビー石鹸での洗顔は、
ニキビ肌に効果あり!

 

洗顔

『えっ、マジッすか∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 』

 

と、驚きの方にこそお伝えしたい、
今回の記事。

 

リサーチ内容したのは、
ベビー石鹸を使った洗顔方法について。

 

お肌を優しくキレイにする情報です☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ベビー石鹸での洗顔について

ベビー石鹸というのは、
名前の通り赤ちゃん向けに、
作られた石鹸。

 

赤ちゃんの肌は、
大人の肌よりもデリケートだから、
ベビー石鹸も肌に優しい成分で出来ている。

 

だから敏感肌やニキビでお悩みの方でも、
多くのベビー石鹸は安心して使用できる。

 

ベビー石鹸の特徴

ベビー

ベビー石鹸は、
泡立ちが他の石鹸よりもかなり良い。

 

少し使っただけでも、
大量の泡が作れるよ。

 

しかも泡の質も良くて、
キメが細かく弾力も高い

 

今回は洗顔について書くけど、
もちろん体全体にも使用可能だよ。

 

やっぱり安全性が一番の特徴

ベビー石鹸の特徴で、
最も主張したいのが安全性

 

赤ちゃんへの使用を前提にしたベビー石鹸。

 

多くの石鹸に使われる、
防腐剤や添加物の使用を控えた、
優しい成分で作られた物が多い。

 

ベビー石鹸を使うポイント

soap-bubbles-817098_640

ベビー石鹸で洗顔をするとき、
以下の点に気を付けよう。

 

するとより良い効果が、
期待できるよ。

 

ベビー石鹸を洗顔に使う時のポイント
  • 洗顔前には手洗いをする
     ○汚れが付いた手ではベビー石鹸の泡立ちが悪い
     ○手が汚れたままの洗顔は顔に汚れをつける
  • たっぷりと泡を立てて優しく洗う
     ○泡立てる事で洗浄力がアップする
  • 泡立てネットを使う
     ○手で泡を作るよりも多くの泡ができる
     ○手で泡立てるのなら
       1手を濡らす
       2石鹸を手放す
       3手の泡に少々の水を加える
       4指の腹で泡を混ぜる
       5このあと3~4を三回ほど繰り返す
  • 優しく洗う
     ○指の腹を使って顔のパーツごとに洗う
  • 泡を顔に付けたら少しそのままにすると良い
     ○だいたい2分ほど
  • 理想の泡の量
     ○テニスボール1つ分が理想
  • 洗顔に使うのはぬるま湯(38℃)がベスト
     ○汚れが落ちやすく、必要な皮脂も残りやすい
  • 冷水は洗顔後に使う
     ○冷水を洗顔中に使うと毛穴が締まり汚れが落ちない
  • 熱いお湯は使わない
     ○厚いお湯は肌の必要なゆぶんを奪う
  • すすぎ洗いは入念に行う
     ○ベビー石鹸であっても成分が肌に残ればトラブルの原因になる
     ○最低でもぬるま湯で30回は洗い流す

 

少し多いけど、
上記のポイントはしっかりと押さえよう。

スポンサードリンク

ベビー石鹸を使った洗顔の手順

ニキビの原因である、
過剰な皮脂や汚れを、
ベビー石鹸で取る!

 

この場合、
以下のような手順で、
ベビー石鹸を使おう。

 

ニキビの原因をとる顔の洗い方
  1. 泡を立てる
     ○泡立てネットを使うと良い
  2. 泡を顔に乗せる
     ○最初はTゾーン(鼻筋やおでこなど)に泡を乗せる
     ○次に頬やアゴなど全体的に泡を乗せていく
  3. 顔に乗せた泡を伸ばしながら洗浄
     ○指の腹で優しくクルクルと伸ばす感じで洗浄する
     ○特にまゆ毛の上や小鼻の横は念入りに洗う
  4. ぬるま湯で洗い流す
     ○だいたい30回ほど
  5. タオルで残った水分をとる
     ○軽く肌を抑える感じで
     ○少しだけ水分を残す感じで
  6. 保湿ケアをする
     ○化粧水や美容液などで
     ○洗顔後は20分ほどで水分が完全に蒸発する

 

終わりに

ベビー石鹸は、
お肌に優しい。

 

だからニキビのような、
肌トラブルが起きている場合でも、
お肌を優しく洗浄できる。

 

でも洗い残すと、
ベビー石鹸の成分がトラブルを引き起こす。

 

だからベビー石鹸をすすぐとき、
しっかりと泡を洗い流すようにしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい