一人暮らしのために、
部屋探しをこれから始める。a0960_006410

 

そんな時には、
ちょっとしたコツを心に留めておきたい。

 

あと、借りた後で後悔しないための、
注意点も存在しているから、
コチラも知っておきたい。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
一人暮らしの部屋探しで、
注意したいポイントと安く済ませるコツについて。

 

一人暮らしの不安を減らす情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

一人暮らしの部屋探し:必要な費用は?

一人暮らしの部屋探しでは、
予め家賃の6ヶ月分を用意しておきたい。

 

この家賃の6ヶ月分というのは、
部屋を借りる時に必要となる。

 

どのような費用が、
部屋探しにはかかるのか?

 

まとめると以下のようになる。

 

一人暮らしの部屋探し:初期費用
  • 敷金
     ○支払う敷金
       家賃の1ヶ月~2ヶ月分が必要
     ○敷金を支払う目的
       退去時に部屋を修繕する
       生活すれば自然につく傷などには使われないのがルール
       家賃を滞納したときに支払う
       退去するときに戻るハズのお金
  • 礼金
     ○支払う礼金
       家賃の1ヶ月~2ヶ月分が必要
     ○礼金を支払う目的
       大家さんへのお礼
  • 前家賃
     ○支払う前家賃
       月始めの入居なら=家賃の2ヶ月分
       月の半ば、月の終わり=翌月の家賃+日割りの家賃
     ○前家賃を支払う目的
       入居前に前もって支払う家賃
  • 仲介手数料
     ○支払う仲介手数料
       家賃の1ヶ月分が必要
     ○仲介手数料を支払う目的
       不動産業者に支払う仲介手数料
  • 火災保険料
     ○支払う火災保険料
       2年で1~2万円ほど
     ○火災保険料を支払う目的
       火災時の補償のため
     ○部屋を借りるのなら火災保険の加入は必須
      ※不動産会社がススメる火災保険でなくても大丈夫かも
  • 保証会社利用料
     ○支払う保証会社利用料
       初回に家賃の半月分
     ○更新には年に1万円ほど
       ※保証会社による値段の違いが大きい
     ○保証会社利用料を支払う目的
       部屋を借りる時の連帯保証人を代行してもらうため
       ※最近は保証会社の利用を求められる場合も多い

 

安い部屋とは?

man-578902_640

安い部屋と一言でいっても、
色々な条件がある。

 

家賃が安いというのもあるけど、
以下のように費用が安い事も大切だよ。

 

安い部屋とは?
  • 敷金が1ヶ月分
  • 礼金は無し
  • 仲介手数料が無料

スポンサードリンク

一人暮らしの部屋探し:安く借りるには?

部屋探しで安い物件を探すのなら、
交渉をする必要がある。

 

あと当然だけど、
家賃の相場が安い地域を狙うと、
案外良い部屋が見つかるよ。

 

部屋探しの交渉:特に交渉しやすいのは?

部屋探しで安く借りたい場合、
以下の2つに関しては、
交渉がしやすいとされている。

 

だから以下の交渉は、
忘れずに行おう。

 

交渉をしやすい項目
  • 礼金
     ○引っ越しのオフシーズンは値引きの交渉を行いやすい
  • 仲介手数料
     ○1年を通して交渉を行いやすい

 

一人暮らしの部屋探し:安く借りる時の注意点は?

a0002_010352

一人暮らしの部屋探しで、
注意したい点がある。

 

それは以下のような点。

 

一人暮らしの部屋探しで注意したい点
  • 無知に付け込まれやすい点
     ○以下は費用に計上される場合が多いから注意
       鍵交換
        本来は大家さんが負担する物
     ○部屋のクリーニング費用
       コチラも同様
       ※国土交通省の原状回復をめぐるトラブルとガイドライン参照
  • 細かくお金を請求する物件がある
     ○消毒費、事務手数料、クリーニング費用など
  • 敷金0の物件
     ○別途で費用が必要になるケースが多い
       修繕費やクリーニング料など

 

まとめ

girls-783575_640

一人暮らしのために部屋探し。

 

このとき、
少しでも安く済ませたいと考えるのは、
当たり前のことだよね。

 

でも無知に付け込む悪質業者もいるから、
あらかじめ情報を集めておきたい所だけど──

 

──完全に付け込まれないようにするのには、
かなりの知識量が必要になってくる。

 

だから完全な対策をとるには、
長い時間が必要になる。

 

この点を考慮すると、
部屋探しの仲介をしてくれる不動産会社は、
引っ越しに慣れていない場合は、
有名な所を選んだ方が良いかも。

 

そうすれば、
無知に付け込まれる可能性は低いからね。

※絶対じゃないけど

 

だから最初は、
有名な不動産会社に行って、
徐々にマイナーな会社を頼るのが良いかも☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい