七五三で、
お祓いを子どもが受ける場合、
初穂料が必要。

 

でも一体、
いくら支払えば良いのだろう?

 

今回は、
七五三の初穂料の相場を、
リサーチしてみたよ。

 

七五三について知っておきたいお金の話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

初穂料とは?

初穂料という言葉は、
神様に供物を捧げていたころの名残。

 

昔はその年に初めてとれた農作物を、
神様に感謝と共に捧げていた。

 

それが現在では、
神社で祈祷や祝詞を行ってもらったとき、
謝礼として支払う金銭を指すようになっている。

 

だから初穂料というのは、
農作物の変わりとも言える。

 

玉串料との違い

七五三

初穂料と玉串料は、
似ているけど、
使う場面に微妙な違いがある。

 

玉串料は、
お葬式で使う事の多い言葉だから、
七五三の席には合わないという考えがある。

 

だから神社側で、
玉串料と明記していない場合は、
なるべく初穂料という言葉を使おう。

 

詳しくそれぞれの、
使う場面を述べると、
以下のようになるよ。

 

初穂料と玉串料の違い(言葉を使う場面)
  • 初穂料
     ○各種お祝いの儀式
     ○結婚式
     ○祈祷
     ○厄払い
     ○地鎮祭など
     ○お守りやお札を授かるとき
  • 玉串料
     ○各種祝い
     ○結婚式
     ○厄払い
     ○祈祷
     ○通夜祭
     ○葬儀通夜祭や葬儀に持参する香典の表書き

 

初穂料の相場は?

初穂料は、
神社によっては、
決められている場合もある。

 

では決められていない神社では、
いくら位が初穂料の相場なのかというと──。

 

5千円~1万円くらい。

スポンサードリンク

初穂料はたくさん出した方が良い?

七五三で支払う、
初穂料の金額次第では、
特典が付いてくる場合もある。

 

例えば5千円なら、
子どもと親のみがご祈祷。

 

1万円なら、
祖父母も一緒にご祈祷。

 

その他にも、
帰りに渡される物に、
違いがある場合もあるよ。

 

この辺りは、
神社ごとに違いがあるから、
気になるようなら、
神社に問い合わせて確認しておこう。

 

七五三の初穂料の熨斗(のし)

相場

七五三で初穂料を、
神社に渡すとき、
熨斗を使うことになる。

 

ではどのように初穂料で、
熨斗を使うのかというと──。

 

七五三の初穂料の熨斗(のし)
  • 使う熨斗袋の条件
     ○紅白
     ○水引きがある
     ○水引きが蝶結び
     ○中袋がある
  • 表書き
     ○できれば万年筆で書く
     ○熨斗袋の表中央、水引きの結び目の上
       御初穂料と書く
        以下でも可
         御初穂
         初穂料
         玉串料
     ○結び目の下の部分
       お祓いを受ける子どものフルネーム
  • 中袋や中包み
     ○中袋は封をしなくても良いし〆の記入もいらない
     ○表中央
     ○”金 ○○円”と書く
       金額は漢字で書く
        五千円→五阡円
        一万円→壱萬円
     ○左下部分
       住所と世帯主の氏名
        ※住所は通常の漢数字でOK
  • 入れるお札
     ○折れていても構わない
  • お金の包み方
     ○人物が描かれた部分が上部分になるように入れる
  • のし袋の閉じ方
     ○慶事だから、熨斗袋の下側の折が上になるように折り重ねる

 

表書きは以下のような感じになるよ。

 

初穂料

 

もし兄弟で七五三でお祓いをしてもらうのなら

七五三のお祓いは、
子どもの兄弟で受けさせたい方も、
いらっしゃると思う。

 

このような場合は、
それぞれ違う熨斗袋に、
お金を包むのが一般的。

 

でも神社によっては、
2人以上の初穂料を、
決めている所もある。

 

このような場合は、
1つの熨斗袋に、
お金をまとめると良い。

 

初穂料を渡すタイミングは?

初穂料

最後は七五三で初穂料を、
神社に納めるタイミングについて。

 

七五三で初穂料を納めるのは、
祈祷の受付を社務所で行ったとき。

 

このとき申込書を記入するから、
用紙と一緒に初穂料を渡すことになるよ。

 

終わりに

今回は、
七五三の初穂料について、
リサーチしたよ。

 

初穂料は、
5千円~1万円が相場。

 

神社によっては、
七五三の初穂料を、
決めている所もある。

 

決めてある場合は、
神社のお祓い料として、
書かれているよ。

 

だから初穂料が心配な場合は、
神社で確認しよう。

 

電話でも調べられるから、
案外、手軽に確認できるよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい