七五三の主役は子供。
服装も主役に相応しい物にしたい。

七五三

 

さて男の子の場合は、
服装はどのように決めればいいのだろう?

 

今回お伝えするのは、
七五三で着物と洋服の、
どちらにするのか決めるヒント

 

あなたは洋服派or着物派?☆-( ^-゚)v

スポンサーリンク

七五三の着物と洋服のメリットとデメリット

七五三の服装というと、
昔は着物がほとんどだった。

 

でも最近は、
洋服姿の男の子が増えてきた。

 

だから七五三の服装は、
着物にするか洋服にするか、
迷うママやパパも増えていると思う。

 

ここでは着物と洋服の、
メリットとデメリットをお伝えするよ。

 

着物と洋服のメリットとデメリット
  • 着物
     ○メリット
       一生に数えるほどしか着れないはかま姿を見られる
        →思い出に残せる
       防寒に適している
       祖父母が喜ぶことが多い
     ○デメリット
       動きにくさなどで子供に負担を掛ける
        →疲労やストレスでグズるかも
       参拝後は着替えないと動きにくい
  • 洋服
     ○メリット
       動くのが楽
       マフラーや手袋で体温調整をしやすい
       参拝後に着替えなくても大丈夫かも
       購入代金が着物よりも安め
        →着物は1万円からだけど、洋服は5千円から
     ○デメリット
       大きめの洋服を買っても後で着れないことが多い
       着物姿を見る数少ない機会が潰れる

 

着物なら前撮りを考えても良いかも

服装

子供に着物を着せることは、
一つのイベントと言える。

 

としては、
子供を着飾れる嬉しいイベント。

 

でも、
子供には負担になるイベント。

 

だから子供の負担を減らして、
親の欲望も満たせるような工夫を、
考えるのも手。

例えば、
七五三で神社に行く時は洋服で行き、
着物は写真スタジオでレンタルして、
撮影時のみに着せるという選択肢もあるよ。

 

このような場合は、
写真スタジオで七五三写真を、
前撮りするという手もある。

 

前撮りについてはコチラの記事で。
七五三には親子で着物を!写真撮影の押さえたいポイントは?

 

着物を選んだ場合の注意点

男の子

男の子の服装を、
着物にしよう!って決めたら、
いくつか注意したい点がある。

 

例えば──。

 

着物を着せる場合の注意点
  • 初着にする場合
     ○被布を着せる機会は3歳の時しかない
     ○5歳のお祝いは袴と決まっている
  • 袴は歩いているうちに下がる
     ○こまめな着付け直しが必要
  • 草履と足袋は事前に歩く練習を
     ○草履や足袋は嫌がる子供が多い
       →だから練習をさせて慣れさせておく
  • 男の子の正式な装い
     ○紋付きの羽織に袴

 

着物の着付けに関しては、
以下の動画を参考に。

 

 

七五三の子供の服装:着物と洋服の値段は?

七五三の着物と洋服は、
お値段がどの程度なのかを、
ここではお伝えするよ。

 

でもお金をかける人は、
徹底的にお金をかけるものだからね。

 

あくまで目安として参考にしてね。

 

七五三の子供の服装:着物と洋服の値段は?
  • 新品を購入した場合
     ○3歳の男の子用
       洋服:2千5百~1万5千円
       着物:5千~7万円
     ○5歳の男の子 
       洋服:2千5百~1万5千円
       着物:1万~7万円
  • 衣装をレンタルした場合
     ○3歳の男の子用
       洋服:1千~1万円
       着物:4千~2万5千円
     ○5歳の男の子用
       洋服:1千~1万円
       着物:4千~2万5千円
  • 中古で衣装を購入した場合
     ○3歳の男の子用
       洋服:1千~6千円
       着物:3千7百8十~2万9千8百円
     ○5歳の男の子用
       洋服:1千~6千円
       着物:3千7百8十~2万9千8百円

 

中古の着物を購入するなら、
レンタルした方が良いのではとも感じる。

 

着物だと、
関連した道具が全部そろって出品されているか、
不明だからね。

 

着物を男の子に着せるとき、
相談できる人がいる場合や、
手元に関連するがある場合は、
中古でも良いと思うけどね。

スポンサードリンク

着物の値段はピンキリ

着物は、
手入れさえしっかり行えば、
世代を超えて着ることが出来る。

 

ただ着物というのは、
値段がピンからキリまである。

 

探せば1万円台でもあるけど、
7万円という物も多い。

 

さらには、
40万円という着物すら──。

 

実際は、
もっと高価な物もあるけどね。

 

ここまで高価な物は、
手入れをして次の世代に着せることを、
前提にするような逸品。

 

だから、
手入れの方法を勉強することが、
前提になるのではと思うよ。

 

男の子の七五三の服装:買うのとレンタルはどっちが良いの?

七五三

男の子が七五三で着る服は、
購入とレンタルだと、
どちらが良いのか?

 

好みもあるだろうけど、
とりあえずメリットとデメリットを、
まとめてみたよ。

 

買うのとレンタルはどっちが良いのか
  • 七五三の衣装を購入する場合
     ○メリット
       好みの衣装を選べる
       思い出を形として残せる
       七五三以外でも着ることが出来る
       レンタルよりもは食べこぼしなどに気を使わない
     ○デメリット
       一度しか着ない場合はもったいない買い物になる
        結局は一度しか着ない場合が多い
         →大きめの服を買っても
       保管場所の確保が必要
       定期的な手入れが必要
       レンタルよりも少しお金がかかる
  • 七五三の衣装をレンタルする場合
     ○メリット
       衣装の保管場所を確保する必要がない
       定期的な手入れが必要ない
       購入する場合よりも安くて済む
     ○デメリット
       借りる日の変更が少し大変
        →突然の予定が入るなどした場合
       借り物だから汚れに気を使う

 

七五三衣装のレンタルの傾向

服装

七五三の衣装は、
着物の場合は3歳も5歳も、
レンタルする人が多い。

 

これは、
七五三以外で着物姿になる機会が、
少ないためだと考えられる。

 

一方で洋服はというと、
購入する人が多い傾向にある。

 

これは、
購入する場合とレンタルをする場合とで、
必要な金額に大きな違いが、
ないからだと考えられる。

 

終わりに

今回は、
七五三で男の子に着せる服の、
選ぶポイントについてお伝えした。

 

最近では、
七五三での服装について、
考えが緩くなってきている

 

だから一昔ほど前と比べれば、
それほど神経質にならなくても、
よくなってはきているよ。

 

でも着物を選んだ場合には、
しっかりと小道具も用意をしよう。

 

小道具が揃っていた方が、
カッコいいからね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい