七五三では、
子供が着物をきる場合が多いよね。753-66364_640

 

着物を着る機会は少ないから、
なら親子で記念写真を!

 

と、考える方も多いハズ。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
七五三で着物をきて写真を撮るときのポイント

 

七五三の記念写真を笑顔で終えるための情報だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

七五三、親子の服装について

七五三の記念撮影で、
親子揃って着物!

 

このような場合、
着物を探すことから始める場合が多い。

 

なにせ着物って、
普段は着ないからね。

 

の場合は、
流行やサイズの問題があるから、
貸衣装屋さんを何ヶ所か回ることになると思う。

 

七五三の衣装関連の記事

a0001_014909

コチラの記事には、
父親、母親の服装をまとめたよ。

 

七五三 親の服装と写真撮影時のポイント

 

コチラは、子どもの草履について。

 

七五三の草履のサイズ

 

親の服装、選び方のコツ

七五三は、
正式な席と考えて着ものは選ぼう。

 

正式な席と考えた場合、
服装のが重要になってくる。

 

子供が主役と考えて親は、
子供の服装の格に釣り合うか、
格の低い服装にしよう。

 

あと色合いも子供よりも目立たなくして、
なおかつ品を損なわないように、
注意する必要もある。

 

七五三の着物:母親

koreda01

七五三の着物は母親であれば、
色無地、訪問着、附下(つけさげ)を選ぼう。

 

訪問着や附下のは、
洋服であれば、
フォーマルドレスと同じ。

 

色無地もまたが準ずるから、
七五三の着物として問題がない。

 

訪問着と附下の違い

訪問着附下は、
見た目の違いがほとんどない。

 

でも注意して見ると、
訪問着は袖と肩の柄が繋がっている。

 

附下は袖と肩の柄が繋がっていない。

 

このような違いがあるよ。

 

着物の種類が分からない場合は?

a0001_014930

七五三で母親が着る着物は、
色無地、訪問着、附下が良い。

 

でも着物の種類が、
分からない場合もある。

 

でも、このことに悩む人は多いから、
買ってくれた人なんかに質問して大丈夫。

 

あと着物が入っている(たとう紙)には、
販売したお店の名前や電話番号が、
書かれているから問い合わせることも可能。

 

七五三の着物:父親

父親が七五三で着物をきるのなら、
黒い紋付+グレーの袴。

 

これが基本

 

でも、
白い紋付、グレーの紋付などでも可能。

スポンサードリンク

親子がきる着物の色や柄、そのバランスについて

親子で着物をきるときには、
色や柄は子供の服を最も格を高くして、
最も目立つように揃える。

 

このことが基本になる。kimono-639261_640

 

ここで気になるのが着物の

 

親子で着物の色がかぶっても
問題になることは少ない。

 

なぜなら、
色の傾向がかぶっても、
色には種類があるから。

 

例えばピンク色と一言でいっても、
濃いピンク色もあれば、
薄いピンク色もあるよね。

 

だから子供に濃い色の着物をきせて、
親は薄眼の色の着物をきるなどすれば、
色の傾向がかぶっても大丈夫なんだ。

 

七五三できる着物の柄について

七五三できる着物のは、
控えめな色を選ぶ人が多い。

 

このため七五三の着物は、
控えめな色を選ぶ物だという風潮がある。

 

でも七五三はお祝いの席だから、
華やかな色や柄をした着物を選ぶのも、
良い選択肢だといわれているよ。

 

着物はレンタルするべきか持ちこむべきか?

miru15

七五三の写真を撮影をする時、
着物はレンタルするべきか、
持ち込むべきか迷う場合もあるハズ。

 

持ち込みレンタルも、
良い点もあれば悪い点もある。

 

七五三の着物を持ち込む場合

着物を持ちこむ場合には、
早めに着物の状態を確認しよう。

 

着物は滅多に着ないから、
長い間タンスにしまっていたせいで、
シワが出来ている場合もある。

 

シワが出来る以外にも、
虫食いなんかの可能性もあるよね。

 

だから早めに着物のチェックは行おう。

 

この時のチェックなんだけど、
七五三の写真を撮影するスタジオによっては、
事前に服装のカウンセリングを行える場所もある。

 

だからスタジオに相談するのも良いかも。

 

着物のシワ取りについて

着物のシワをとるとき、
直接アイロンを当てないように気を付けよう。

 

手ぬぐいなどの薄い生地を当てて、
低温のアイロンでシワをとろう。

 

七五三の着物をレンタルする場合

七五三の着物をレンタルするのなら、
フルセットレンタルが楽。

 

なにせ自分で用意する必要がないから、
いざ写真撮影というときに、
忘れ物をする心配がない。

 

七五三の写真撮影では天気に注意

amexkasa

七五三の写真撮影に行く場合、
に注意したい。

 

着物は正絹だから、
水に弱いんだ。

 

着物が雨に濡れると、
後からシミ抜き代が必要になったり、
大きな出費が必要になることがある。

 

だから雨が心配な時には、
撮影を次回に回すのも手だよ。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
七五三で親子が着物をきて写真撮影するときに、
注意したいポイントをまとめた。

 

服装のに気を付けるのが、
特に重要となる。

 

あとは子供が一番目立つように、
両親は着物の色や柄に注意することぐらい。

 

七五三の記念を最高の形で残すためにも、
服装には注意して、写真撮影に臨もう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい