修学旅行に男子は、
ボストンバッグとキャリーバッグの、
どちらかをもっていく人が多い

修学旅行

 

今回は、
ボストンバッグとキャリーバッグを比較しながら、
どんな特徴のバッグが修学旅行向けか
お伝えしていくよ。

 

男子諸君のためのバッグ情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

修学旅行の荷物の特徴

修学旅行は、
多くの場合2泊3日。

 

だから荷物は多くなる。

 

でも大きな荷物はバスに預けるなどして、
宿泊場所に送ってもらうのがほとんど。

 

よって、
大量の荷物を旅行先で持ち歩くことは、
滅多にない。

男子

 

だから荷物を持ち歩くのは、
バスなどに乗る時や、
電車や飛行機への乗り換え。

 

こういった、
宿泊施設への移動の間に、
限定されることになる。

 

旅行先ではセカンドバッグがメイン

大きな荷物は、
宿泊先に預けるのが一般的。

 

だから修学旅行先では、
用意したセカンドバッグに、
必要な物を入れて移動するのが一般的。

 

よって、
ボストンバッグやキャリーバッグは、
人目に付く機会というのが少ない。

 

この事を考えると、
修学旅行用のバッグは、
デザインよりも機能性を重視した方が、
良いんじゃないかなーって感じる。

 

修学旅行用のバッグの定番は?

ボストンバッグ

男子の修学旅行用のバッグは、
ボストンバッグとキャリーバッグが定番。

 

でも最近では、
エナメルバッグを使う人も増えている。

 

ただエナメルバッグはデザインは良いけど、
機能面を考えるとチョット問題があるかなーと感じる。

 

だから男子の修学旅行用バッグは素直に、
ボストンバッグとキャリーバッグの、
どちらかにするのが良いと思う。

 

ボストンバッグ&キャリーバッグの特徴

ボストンバッグとキャリーバッグには、
どのような特徴があるのだろう?

 

ここでは、
ボストンバッグとキャリーバッグの、
特徴についてお伝えするよ。

 

ボストンバッグとキャリーバッグの特徴
  • ボストンバッグ
     ○外すことが無い
     ○メリット
       種類が豊富
       大きさ、柄、価格帯など
       軽い
     ○デメリット
       重い荷物を肩に掛けるので疲れる
  • キャリーバッグ
     ○学校によっては少数派
     ○メリット
       平らな道であればタイヤ付きだから楽
     ○デメリット
       カバンが重い
       階段や砂利道は辛すぎる
       デザインの違いが少ない
       値段が高い(5千円~)
       接触事故が多い

 

このような特徴が、
ボストンバッグとキャリーバッグにはある。

 

個人的には、
ボストンバッグの方が、
安定している印象がある。

 

修学旅行のバッグの大きさは?

修学旅行

男子が修学旅行に持っていく、
ボストンバッグとキャリーバッグは、
どの程度の大きさが必要なのだろう?

 

修学旅行は、
2泊3日の場合が多い。

 

バッグの大きさなんだけど、
一泊に就き10Lが目安だとされている。

 

男子の修学旅行バッグの大きさ
  • 2泊3日の修学旅行
     ○約25L~約35L
     ○横幅は50cmほど
  • 3泊4日の修学旅行
     ○約35L~約45L
     ○横幅は55cmほど

 

でも、持っていく荷物以外にも、
お土産なんかを入れる必要があるから、
上記の大きさだと後悔するかもしれない。

 

だから、
約40L~約50L(横幅は50cm~60cmほど)で、
探した方が良いかもしれないね。

 

男子が修学旅行バッグを選ぶ時のポイントは?

男子

男子が修学旅行用バッグを選ぶのなら、
どのような点に注意をしたいのだろう?

 

最低でも、
以下の点には気を付けよう。

 

修学旅行のボストンバッグの選び方
  • 学校で禁止されているバッグが無いか確認する
     ○学校が特定のバッグを指定していることもある
  • ハンドルにグリップがついている物を選ぶ
  • ショルダーに肩当てがついている物を選ぶ
     ○無いと肩に食い込んで痛い
  • 底布に熱い物が使われている物を選ぶ
     ○底板、クッション補強がされていると重くなるので避けたい
  • 2泊~3泊程度なら55cmほどが良い
     ○大きすぎると使い勝手が悪い
  • 素材はポリエステル製がオススメ
     ○帆布は重く防水加工すらされていない物も多いのでダメ

 

修学旅行のキャリーバッグの選び方
  • 学校で禁止されているバッグが無いか確認する
     ○キャリーバッグは禁止されていることも多い
     ○学校が特定のバッグを指定していることもある
  • 機内持ち込み可能の物を選びたい
     ○荷物の紛失を心配しなくても良いので
  • 荷物が多く、整理が苦手なら大きめのバッグを持つ
     ○60L程度でも良い

 

個人的な最終結論

ボストンバッグ

ここまで男子の修学旅行で、
ボストンバッグとキャリーバッグの特徴などを、
お伝えしてきた。

 

個人的な結論は、
ボストンバッグの方が良いんじゃね?

と、いうもの。

 

修学旅行に行く年齢であれば、
旅行慣れした人は少ない。

 

キャリーバッグだと、
日頃から使い慣れている布製のバッグとは、
使い勝手が大きく違うことが多い。

 

容量に関しても、
多少は無理に物をいられるボストンバッグに比べて、
キャリーバッグは融通が効かない所がある。

 

ちょっと不便じゃないかなーって思うよ。

 

ちなみに、
これからバッグを購入するのであれば、
修学旅行に持っていく物を一通りそろえて、
家にあるバッグに詰めてみよう。

 

こうすると、
どの程度の大きさのバッグが最適か、
把握できるからね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい