卒業式に出席するとき、
ストッキングの色は黒の人が多い。

 

でも本当は──
『マジッすか∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 』
──と叫びたくなるけど、一昔前は違った。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
卒業式のストッキングやタイツの色。

 

気になる卒業式のマナーさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

パンストとストッキングの違い

まずはパンストストッキングの違いを、
簡単にまとめておくよ。

 

違いは以下のように覚えておくとよい。

 

パンストとストッキングの違い
  • パンスト
     ○ストッキングの一種
     ○パンティーストッキングが正式名称
     ○腰まである長いストッキング
  • ストッキング
     ○ナイロン糸で編まれている
     ○30デニール以上の靴下
  • タイツ
     ○ナイロン糸で編まれている
     ○30デニール以下の靴下

 

パンストもストッキングもタイツも、
長さが違うだけということだね。

 

デニールとは?

デニールというのは糸の重さ。

 

糸は細くて測るのが難しいため、
長さを表すとき重さで表す。

 

卒業式のストッキングやタイツは黒がいいの?

卒業式にストッキングやタイツを履く場合、
を選ぶ人が多い。

 

この選択は、
真珠のネックレスを身につけない限り、
間違いにはならない。a0001_014930

 

真珠のネックレスは、
に関連した物だから、
ブラックフォーマル+黒ストッキングだと……

 

卒業式なのに、
お葬式の服装になってしまう。

 

だから黒いストッキングやタイツを選んだら、
なるべく真珠のネックレスは、
身につけないようにしたい。

 

卒業式に履くストッキングやタイツは元々……

卒業式で履くストッキングは、
黒が選ばれることが多いけど、
ベージュという人もいる。

 

ベージュも間違った選択ではない。

 

一昔前は多くの卒業式では、
ブラックフォーマル+ベージュのストッキング

このような人が多かった

スポンサードリンク

結局、現在のストッキングは何色が良いの?

現在は黒でもベージュでも、
ストッキングの色は良いとなっている。

 

だから黒とベージュの、
どちらの方が良いのかといったら、
服とのバランスを考えて決めるとしか、
言いようがない。

 

卒業式のストッキングやタイツは、
黒とベージュのどちらを選んでも、
マナー違反にはならなから安心して選ぼう。

 

卒業式の服装について

a0001_014909

卒業式の服装は、
どのような物がオススメなのか?

 

卒業式のファッションで目指すのは、
品のある落ち着いた服装

 

以下のような点に気を付けよう
  • 主流のスーツ(色)
     ○ブラック、ネイビー、グレーなどのスーツ
  • 主流のインナー
     ○エレガントな雰囲気にするのなら
       ブラウス
        レースやフリルをあしらった物
       光沢のあるキャミソール
  • ストッキングやタイツ
     ○厚手の物は避ける
       足元が重く見えるため

  •  ○ヒールの高さは5cm程の物を選ぶ
  • バッグ
     ○サブバッグも用意したい
       当日は書類や記念品が渡されることがあるため
  • 華やかさをプラスするには
     ○コサージュ、スカーフ、バッグに気を配る
     ○バッグと靴は定番の黒や茶で統一したい
  • 防寒対策
     ○卒業式の時期は寒い時期
     ○膝掛けやカイロをお忘れなく
     ○防寒インナー持参でも良い
  • メイク、爪、ヘアスタイル
     ○清楚さを心がける

 

まとめ

今回は卒業式に履く、
ストッキングやタイツについて、
情報をまとめたよ。

 

卒業式や始業式は、
保護者が目立つのは避けたい。

 

なにせ主役は子供だからね。

 

だから品のある清楚な格好で、
子供の式に華を添えるのが、
保護者の役目と言えるかもしれないね。

 

このことを考えると、
卒業式に履くストッキングで安心して選べる色は、
ブラックかベージュしかないのかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい