夏の窓から入り込む日光

 

暑い。
暑すぎる!

 

そんな風に感じた時には、
すだれを使って、
暑さ対策をしてもいいかも。

 

今回まとめたのは、
すだれを取り付けるときに、
知っておきたいことについて。

 

すだれの良いところ発見☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

窓から射し込む日光を防ぐ方法色々

すだれのように、
日光を防ぐ方法というのは、
いくつか存在している。

 

窓から射し込む日光を防ぐ方法
  • すだれ
     ○窓の外側に直接吊るす
     ○地面から離れていても使える
     ○狭い場所でも使える
     ○サイズが色々とあるから窓に合わせやすい
  • 遮光フィルム
     ○窓に貼りつけても見た目が大きく変わらない
     ○貼るのが大変
  • よしず
     ○下に置いて使う
     ○サイズが大きく掃き出し窓全体を覆える
     ○サイズが大きい上に重く使う場所を選ぶ
  • 遮光カーテン
     ○日光をしっかりと遮れる
     ○昼までも部屋が暗くなりやすい
     ○窓とカーテンの隙間に熱がこもりやすい
  • すだれ
     ○色々な素材の物がある
     ○プラスチック製
       少し値段が高い
       色やデザインが豊富
     ○アルミ製
       値段が高い
       断熱性が高い
       すだれの隙間に熱がこもりにくい

 

すだれを取り付けるには?

すだれ

すだれを取り付ける場合、
まずは設置する場所に気を付けたい。

 

以下の点に気を付けて、
すだれは設置しよう。

 

すだれの設置で気を付けるポイント
  • 西日の入る窓に設置すると効果的
  • 屋外に設置する
  • 窓から15cm~20cn離す
  • 風通しを良くする
     ○窓を開けて室内の熱を外に出す

 

すだれを取り付ける固定金具について

すだれを設置するには、
固定金具を使用する場合と、
粘着テープを使う場合とがある。

 

すだれの取り付けについて
  • 固定金具を使うすだれ
     ○窓や壁の材質によって使えない物がある
     ○金具には種類がいくつかある
       金具の種類
        サッシに穴を開けて使うタイプ
        サッシの上部を挟み込むタイプ
     ○使用可能な金具がないのなら
       →普通のフックでも大丈夫
  • 粘着テープで貼るすだれ
     ○いくつか種類がある
        ライターで接着剤を溶かすタイプ
        マグネットで貼るタイプなど
     ○風が強いと、粘着力が弱いと飛んで行ってしまう

スポンサードリンク

すだれの取り付けで注意したい点は?

すだれを取り付けるとき、
以下の点に気を付けよう。

 

すだれの取り付けで注意したい点
  • すだれ選び
     ○窓の1.5倍を目安に購入する
     ○大きめでないと太陽の角度により日光が差し込むから
  • 取り付ける時の注意点
     ○窓ガラスからの間隔
       窓ガラスから15cm~20cmの間隔を空ける
       窓ガラスとの間隔が狭い場合空気が流れない
        →熱がこもる結果になる
       すだれハンガーを使うと感覚を空けられる
        ※サッシによっては使えない
     ○網戸があるとき
       網戸がある場合は取り付けられないケースがある
       どうしても取り付けたい場合、網戸に直接取り付ける
        →網戸を動かすとすだれも動いてしまうという欠点がある

 

すだれが必要のない時期になったら?

すだれ

すだれが必要のない時期になったら、
片付ける必要があるよね。

 

以下の手順で、
すだれは片付けよう

 

すだれの片づけ方
  1. 水洗いする
     ○天風邪により汚れているから
  2. 乾かす
     ○湿気があるとかびてしまうから
  3. 新聞紙で丸める
     ○防虫剤と乾燥材を入れて
  4. 保管する
     ○湿気のこもりにくい場所に

 

ちなみに、
すだれを処分する時は、
きつく丸めてから、
のこぎりを使えば大丈夫だよ。

 

終わりに

すだれは、
夏の暑い日差しを遮るのに役立つ。

 

それに、
いかにも日本の夏という感じで、
季節の変化も楽しめる。

 

だからすだれを使うことは、
夏の風情を楽しむことを目的にしてもいいかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい