夏野菜の栄養による効果は、
夏にピッタリの物が多い。01MIL05078

 

『夏……あっつ~~ヽ(;´Д`)ノ』

 

そんな時にピッタリの栄養効果を持つ、
夏野菜を生活に活かそう。

 

今回まとめたのは、
夏野菜の栄養効果について。

 

夏の暑さに勝つ野菜情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

夏野菜には夏に打ち勝つ栄養がたくさん!

野菜というのはの時期に、
最も栄養価が高くなり栄養も、
その時期に必要な物が多くなる。

 

最近ではハウス栽培が普及して、
1年を通して夏野菜を食べられるようになった。

 

でも栄養価を見ると、
やっぱり旬にとれた物の方が高いよ。

 

夏野菜が持つ栄養の特徴

夏野菜には、
カリウムや水分が多い物が、
たくさんある。01MIL05048

 

だから体にこもってしまったを、
夏野菜を食べることで、
冷ますことが可能。

 

それにキュウリやトマトといった、
で食べられる物が夏野菜には多く、
手軽に食べることができる。

 

夏野菜の具体的な栄養効果

夏野菜には、
夏に役立つ栄養効果がある。

 

それだけではなく、
夏野菜の色は濃く、
食欲を刺激してくれる。

 

さて、具体的に夏野菜には、
どのような栄養効果があるのだろう?

 

キュウリの栄養効果

01MIL05097

キュウリには、
夏場に汗と友に失いやすい、
カリウムと水分が多い。

 

キュウリに含まれる酵素は、
ビタミンCを破壊するけど、
酢を使う事で酵素の働きを抑えられる。

 

キュウリの栄養効果
  • 利尿効果
     ○余分な塩分の排出を促す
     ○加熱すると効果が高まる
  • 抗酸化作用がある
  • ぬか漬けにはビタミンBがある

スポンサードリンク

トマトの栄養効果

トマトには、
抗酸化作用が期待できる、
ビタミンAやCが多い。

 

01MIL05088

ビタミンEを一緒に取ることで、
一層抗酸化作用が強まる。

 

だからビタミンEが多い、
オリーブ油を使って料理したい。

 

トマトの栄養効果
  • 抗酸化作用が高い
  • 免疫力が高まる
  • がんの予防
  • 老化防止
  • 粘膜や皮膚の健康維持
  • 余分な塩分の排出促進

 

トマトの栄養成分として有名な、
リコピンは熟すほどに増えていく。

 

そしてリコピンは、
熱を加えた方が、
吸収効率が上がる性質がある。

 

ピーマンの栄養効果

01MIL05090

ピーマンには、
コラーゲンの合成を補助したり、
メラニン色素の沈着を防ぐ、
ビタミンCが多い。

 

そんなビタミンCには、
調理により壊れるという特徴があるけど、
ピーマンは組織が強いので壊れにくい

 

ピーマンの栄養効果
  • 粘膜や皮膚の健康を守る
  • 肌荒れが気になる時に役立つ
  • がんの予防効果
  • ダイエット効果
  • 風邪予防
  • 血液サラサラ効果

 

ピーマンには、
トウガラシに含まれるカプサイシンが、
含まれている。

 

カプサイシンは新陳代謝を向上させ、
熱エネルギーを体外に排出するよ。

 

色により栄養効果に違いがある

ピーマンは、
によって栄養に違いがある。

 

赤いピーマンであれば、
カロチンやビタミンC、Eが多い。

 

緑のピーマンなら、
クロロフィルが含まれており、
抗酸化作用が期待できる。

 

他の夏野菜の栄養効果について

01MIL05064

少し長くなったので、
続きはコチラの記事で……

 

夏野菜の効果や効能は、夏に負けない強い体を作る!

 

まとめ

今回まとめたのは、
夏野菜が持つ栄養の効果について。

 

には水分が失われたり、
熱が体にこもったり、
紫外線が肌を焼いたりする。

 

夏野菜の栄養には、
これらの対策になる物が多い。

 

だから夏野菜を有効に活用して、
色々と大変な夏を乗り越えよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい