夏風邪で咳が止まらないと、
呼吸が苦しくなる。nodo11

 

このため睡眠や仕事に支障が……。

 

特に咳が2週間以上続くのであれば、
風邪とは言えない領域といえる。

 

今回のリサーチでは、
夏風の咳がとまらない状態についてまとめた。

 

ただの咳だと言って甘く見ちゃいけないZE(-_☆)

スポンサードリンク

夏風の咳が止まらない時

風邪の症状は改善しても、
だけが残る時もある。

 

このような時には、
風邪薬が効かない場合が多い。

 

それに軽い咳でも、
喘息死に至る場合があるから、
適切な治療は必須なんだ。

 

咳が止まらないとき何科に行けばよいのか?

isya11

適切な治療を受けるためには、
病院に行くのが良い。

 

では、何科に行けばよいのだろう?

 

 

何科に行けばよいのか?
  • 内科
     ○風邪のとき
  • 耳鼻科
     ○よくわからないとき
  • 呼吸器科
     ○咳のとき

 

咳が止まらない理由

夏風邪の咳は、
冬の風邪と比べると長引く場合が多い。

 

これは夏には、
免疫力が低下しているのが原因。

 

kazeo1

夏の免疫力の低下は、
気温が高いため自律神経が乱れたり、
疲労が蓄積しやすいことで起こる。

 

このため夏に風邪をひくと、
ウイルスへの抵抗力が下がっており、
風邪が長引くことになる。

 

例えば、夏風邪の症状である、
下痢や発熱が治まっても、
咳が2週間以上続くと言う人も……。

 

でも咳が止まらないとき、
風邪以外が原因ということもあるんだ。

 

咳が止まらないときの原因例
  • 肺炎
  • 結核
  • アトピー性鼻炎
  • 夏型過敏性肺炎

 

次に咳が出る原因をまとめるよ。

 

咳が出る原因
  • 体温
     ○特にお風呂上がりで体温が上昇している

  •  ○副交感神経が優位になるため
      →気管支が収縮するので起動が狭くなる
  • 喉の乾燥
     ○喉に痛みが現れ咳が出る
  • 空調の効いた室内
     ○空調の効いた部屋に行くと咳が止まらなくなる
      →特に起床してすぐに行った場合

スポンサードリンク

咳が止まらないときの効果的な対処法

病院で薬を処方してもらったのなら、
咳止めの薬を飲んで様子を見よう。

 

ではをもらっていないときは、
どうすれば良いのだろう?

 

薬をもらっていない時の対処法
  • 除湿をしっかりと行う
  • 換気をしっかりと行う
  • 温かいお茶を飲む
     ○加湿されるので咳が止まりやすくなる
     ○絶対に冷たい物は飲まない
      →咳が出やすくなる
      →喉が冷やされて気管支が収縮するため
  • 蜂蜜
     ○小児用のシロップに近い咳止め効果がある
     ○お湯で溶いて飲んでも効果がある
  • パイナップル
     ○ブロメラインが効く
      →タンパク質を分解する効果がある酵素
      →痰(たん)を分解してくれる
     ○喉の炎症が抑えられる
     ○注意
      →熱に弱い
     ○生で食べるかストレートジュースにすると良い
  • アロマ、ユーカリ
     ○殺菌効果がある
  • ヴィックスヴェポラップ
     ○胸に塗るなどすると良い
     ○吸引されて症状が緩和される
  • マスクを着用する
     ○特に眠るときに着用すると良い

 

2週間以上咳が止まらないのなら、
別の病気を疑うようにしよう。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
夏風邪で咳が治まらないときの、
情報を色々とまとめた。

 

咳が治まらないのは、
免疫機能の低下が原因のことも多い。

 

でも他の病気が隠れている時もあるから、
遅くても2週間以上咳が治まらない場合は病院に行こうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい