夏になると、
お弁当が腐りやすくなる。

 

それも恐ろしい位の早さで。

 

今回まとめたのは、
夏にお弁当が腐るまでの時間について。

 

夏の健康を守る情報さ☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

お弁当を腐らせる原因

になると、
お弁当が腐りやすくなる。

 

これは細菌が原因。

 

細菌がお弁当の中身を、
分解させ変質させたのが原因で、
特にブドウ球菌が原因となって、
食中毒を起こす場合が多い。

 

夏にお弁当が腐りやすくなる原因

腐る

お弁当が腐る原因は細菌

 

ではなぜ夏になると、
お弁当が腐りやすくなるのかというと、
細菌が増殖しやすくなるから。

 

細菌は、
幅広い温度の中で活動できるけど、
特に30℃~40度という温度は、
細菌にとって天国のような温度。

 

30℃~40度というのは、
まさしく夏の温度だよね。

 

だから夏になると、
温度が原因で細菌が増殖しやすくなり、
お弁当の中で細菌が増えまくる。

 

夏にお弁当が腐る時間

お弁当の腐る時間だけど、
中に入っている具や、
食べるまでの管理方法、
更には気温などの要素によって違ってくる。

 

でも目安として、
3時間ほどの放置で、
お弁当は腐ってしまうと考えよう。

 

3時間でお弁当が腐るということは?

少し遅めの朝7時頃に、
お弁当を詰めたとしても、
お弁当を食べる12時頃までには、
5時間ほどの時間がある。

 

3時間でお弁当が腐るのだから、
お昼にお弁当箱を開けると、
余裕で腐っているということになる。

 

だからに入ったら、
お弁当が腐らないように、
なんらかの対策を講じる必要がある。

スポンサードリンク

夏にお弁当を腐らせないために

夏にお弁当が腐る原因は、
細菌にある。

 

そして夏に細菌が、
お弁当を腐らせるのは、
活動に最適な温度になって、
増殖しやすくなるから。

 

この点を考えると温度の調整が、
お弁当を腐らせない限って分かるよね。

 

だからお弁当を腐らせないためには、
細菌が活発に活動する30℃~40℃よりも、
ずっと高い温度にするか、
ずっと低い温度にすることが大切になる。

 

夏にお弁当の温度を高い状態にする方法

夏

夏にお弁当の温度で、
高い温度を維持するには、
ランチジャーを活用する。

 

ランチジャーは、
魔法瓶方式のお弁当箱で、
中に入った物の温度を維持する。

 

お弁当の温度は、
メーカーによる違いはあるけど、
だいたい6時間ほどだとされているよ。

 

当然この時の温度は、
細菌が繁殖しやすい40℃よりも遥かに高い、
熱いと感じる温度だよ。

 

夏にお弁当の温度を低い状態にする方法

夏にお弁当の温度を、
低い状態で維持する。

 

このためには、
保冷バックと保冷剤を、
一緒に使うと良い。

 

保冷剤は、
時間が経つと水滴が付くから、
布でくるんでおこう。

 

保冷剤などでお弁当の温度を、
低く保つ方法に関しては、
コチラの記事を参考にしてね。

 

→工事中

 

終わりに

今回まとめたのは、
夏のお弁当が腐る時間について。

 

お弁当は、
になると本当に腐りやすくなる。

 

だから出来る限り、
腐らないように手を打ちたい。

 

保冷剤を使うなどは、
基本だから徹底して使おうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい