子供部屋のカーテンを、
遮光にしようと考える人も多い。

カーテン

 

事実、防犯面を考えるのなら、
遮光カーテンは良い選択だと言える。

 

でも、それ以外のをみると──。

 

今回は、
子供部屋のカーテンを遮光にするのは、
もう少し考えてからにしたら?と、提案する記事。

 

遮光カーテンにするかどうか考えるヒントにしてね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

子供部屋の遮光カーテン

遮光カーテンは、
朝日を遮れるほどに厚いので、
外から室内が見えなくなる。

 

だから防犯を考えて、
子供部屋に遮光カーテンを使う家庭も、
多く存在する。

 

でも欠点も存在する。

 

遮光カーテンを子供部屋で使う欠点

遮光

遮光カーテンは、
朝日を遮ることが出来る。

 

このため、
朝になったのに気づけず、
朝寝坊しやすくなる。

 

でも、これは表面的な問題に過ぎない。

 

人間の体内時計は、
日光によって調整されている。

 

このため遮光カーテンの使用は、
体内時計が狂う原因になることがある。

 

子供だから体内時計の狂いは問題

大人であれば、
体内時計が狂っても、
すぐに調整が可能。

 

でも成長期の子供の場合、
体内時計の狂いが、
成長に影響を与える可能性が、
あるとされている。

 

それに朝寝坊や夜更かしが増えて、
学校生活のリズムが狂うため、
成績などに問題が生じることも、
十分に考えられる。

スポンサードリンク

でも、子供部屋の防犯は大切

遮光カーテンは子供の体内時計を、
狂わす可能性が考えられる。

 

「でも防犯を考えるのなら、
やっぱり遮光カーテンが(;^ω^A 」

 

と、考えるよね。

 

特に女の子の部屋であれば、
なおのこと。

 

遮光カーテン以外にもカーテンはある

子供部屋

防犯のために遮光カーテン。

 

この考えの根本には、
遮光カーテンなら中が見えないからという、
理由が存在する。

 

これは部屋の中が分からなければ、
別のカーテンでも良いということでもある。

 

だから、
厚地のカーテン(遮光なし)&ミラーレスカーテン

 

このように二枚のカーテンを使って、
外から子供部屋の中が見えないように、
することも可能だということ。

 

厚地のカーテン(遮光なし)&ミラーレスカーテン

この組み合わせなら、
子供部屋で普通に生活するだけなら、
外から見えることは滅多にない。

 

もちろんカーテンには質もあるから、
お店で相談しながら決めることになるけどね。

 

もし子供部屋に遮光カーテンを使わないのなら

遮光カーテン

子供部屋に遮光カーテンを使わないのなら、
部屋に入り込む日光を遮るため、
UVカットの工夫をしよう。

 

子供は、
大人と比べて肌が弱いからね。

 

終わりに:もし子供部屋に遮光カーテンを使うのなら

ここまで、
子供部屋に遮光カーテンを使うことの、
デメリットについてお伝えしてきた。

 

結論を言えば、
遮光カーテンを使うと、
体内時計が狂う。

 

これが、
遮光カーテンのデメリット

 

でも遮光カーテンを子供部屋に使っても、
体内時計を狂わせない方法もある。

 

その方法というのは、
朝になったら子供に日光を浴びさせること。

 

当たり前と言えば、
当たり前の対策だけどね(;´▽`A“

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい