屋形船での忘年会は、
かなり特別なイベントになるよね。

屋形船

 

屋形船に乗りながら、
料理やらお酒やらを口にしながら、
ワイワイするのは楽しい。

 

でも注意しないと、
残念な思い出になりかねないのが、
こういった特別なイベントの特徴でもある。

 

今回は、
屋形船で忘年会を行う時、
注意したい点についてリサーチしたよ。

 

でも、リサーチしたら当たり前のことばかりだった( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク

屋形船について

屋形船には貸切乗り合いの、
2種類が存在する。

 

貸切の方は、
自分たちだけで全席を借りるので、
身内だけの忘年会を楽しめる。

 

一方で乗り合いの方は、
知らない人達と一緒に屋形船に乗るので、
マナーに貸切よりも注意しなければならない。

 

利用時の注意点の違いは、
それ程多くはないけど、
今回の記事は乗り合いの情報だと、
考えて読んでね。

 

屋形船の忘年会で注意したいこと

忘年会

ここでは屋形船の忘年会で、
注意したいことを一気にお伝えするよ。

 

他の利用時の注意点は、
屋形船に乗ったときなんかに、
添乗員が説明してくれるから、
そのときしっかりと話を聞こう。

 

屋形船の忘年会で注意したいこと
  • 予約前の注意点
     ○暖房設備があるかチェックする
       堀コタツがあるとベスト
     ○船内にトイレがあるのかチェックする
  • 予約時の注意点
     ○どの屋形船でもペットの乗り入れは禁止
     ○予約は3ヶ月以上前に行う
       忘年会の時期は予約がビッシリになるため
       1年前から予約を受け付けている所もある
     ○変更料やキャンセル料の有無を確認しておく
       予約後に人数や日程などが変更になる場合の
  • 予約キャンセル時の注意点
     ○人数が増減する場合は1週間前には連絡する
  • 利用料金支払い時の注意点
     ○会社によって支払うタイミングは違う
       予約から数日~10日後に入金という場合が多い
  • キャンセル時の注意点
     ○返金時にキャンセル料金が引かれることが多い
     ○天候による出航中止ならキャンセル料は発生しない
     ○キャンセルが必要ならすぐに連絡をする
  • 屋形船に乗る準備
     ○お酒以外の水分を用意しておく
       でも屋形船への持ち込みが禁止の所もある
     ○酔い止めを用意する
     ○忘年会の時期には上着を用意しておく
  • 屋形船の送り迎え
     ○駅までの送迎がある場合がほとんど
       →有料の場合もあるので注意
  • 屋形船の出向時の注意点
     ○天候によっては出航中止になることがある
       多少の雨なら出航をする
     ○乗り合いは予定人数より少ないと出航しない場合がある
  • 遅刻に関する注意点
     ○遅刻したら老いて行かれる
       →料金も返ってこない
     ○イベントのある時期は道が混雑するので注意
  • 利用中の注意点
     ○アルコールは飲み過ぎない
       →騒いで問題を起こすから
       →海の上だから転落することもある
     ○屋形船の備品には触れない
     ○立ち上がる時はゆっくりと立つ
       →船の揺れで転倒することがあるから

 

屋形船で忘年会をする時の相場は?

注意

屋形船で忘年会を行うとき、
だいたい1人につき1万円からと、
値段は考えておきたい。

 

コレよりも安いと、
参加者から料理やお酒がマズイと、
不満が出かねないよ。

 

コンパニオンを呼ぶ場合

屋形船の忘年会で、
コンパニオンを呼びたいと考える方も、
いらっしゃると思う。

 

コンパニオンを呼ぶ場合は、
屋形船に利用料金が、
1.5~2倍になるよ。

 

コンパニオンを呼ぶのなら、
貸切になるからかなりの金額かもね。

スポンサードリンク

屋形船での忘年会の予約手順

屋形船の予約は、
インターネット、電話、FAXなど、
複数が存在する。

 

ではどのような手順で、
屋形船の予約を行うのかというと──。

 

屋形船での忘年会の予約手順
  1. 予約をする旨を伝える
     ○インターネットなどから
     ○伝える内容
       代表者の名前と連絡先
       予約の希望日時
       希望するコース
       その他の要望
     ○乗客リストの提出を求められることがある
       →サイトで記入するリストはダウンロードできる
       →記入したら当日持参することが多い
  2. 料金の吹き込み
     ○貸切は事前支払いが多い
     ○残金などは利用した日に直接渡すことが多い
  3. 当日は船宿に行って代表者の名前を伝える
     ○このとき乗客リストの提出が必要なら渡す
  4. 屋形船に乗る

 

終わりに

今回は、
屋形船で忘年会を行う時の、
注意点についてリサーチをした。

 

忘年会で、
屋形船使用時に特別注意するべき点は、
寒さ対策早めの予約ぐらい。

 

他の注意点は、
忘年会以外の時期と、
大きくは変わらない。

 

だから後はマナーにさえ気をつければ、
楽しい忘年会になるんじゃないかな☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい