年賀はがきの書き損じなどは、
交換が可能。

年賀はがき

 

書き損じだけでなく、
インクジェットのにじみや、
未使用の物も交換できる。

 

今回は、
年賀はがきの交換はいつまで
リサーチをしたよ。

 

少し気になる年賀はがきのお話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

年賀はがきの交換はいつまで可能?

書き損じなどの、
年賀はがきの交換可能な期間は、
特には決められていない。

 

現金には変えられないけど、
いつでも以下の物と交換が可能だよ。

 

もちろん、
書き損じ、インクジェットの印刷ミス、
未使用のいずれでも交換可能

 

年賀はがきと交換可能な物
  • 郵便ハガキ
  • 通常切手
  • 特定封筒
  • 郵便書留

 

また時期によっては、
新しい年賀はがきとの交換も可能だよ。

 

時期によっては新しい年賀はがきとの交換も可能

交換

書き損じ、インクジェットの印刷ミス、
未使用のいずれでも、
新品の年賀はがきと交換することが可能。

 

でも、
新品の年賀はがきと交換できる期間は、
限られているから注意をしよう。

 

新品の年賀はがきと交換できるのは、
年賀はがきが販売される期間のみ。

 

例年通りであれば、
年賀はがきは11/1~1/10に販売されるよ。

 

このとき、
数年前の年賀状であっても、
手数料さえ払えば交換できるから、
試してみよう。

 

交換時の注意点

年賀状の交換なんだけど、
注意したい点がある。

 

それは、
年賀状の左上にある、
料金を表す部分。

 

料額印面と呼ぶ部分だけど、
この部分が汚れていると、
交換は不可能だから注意をしよう。

 

書き損じの年賀はがきが当選していたら?

年賀はがきに付き物のくじ番号

 

書き損じの年賀はがきでも、
当選さえしていれば、
景品と交換可能だよ。

 

年賀はがきを交換する時の手数料

いつまで

年賀はがきを交換する時、
手数料が必要となる。

 

交換に必要な手数料は、
年賀はがき1枚につき──。

 

交換手数料(1枚につき)
  • はがき:5円
  • 切手:5円
  • 郵便書簡:10円
  • 往復はがき:10円
  • レターパック:41円
  • 10円未満の商品:額面の半額

 

年賀はがきを出せなかった場合

年賀はがきの購入後に
喪中となってしまって、
年賀状を出せなくなることもある。

 

このような時は、
年賀はがきの販売期間中であれば、
無料で通常切手や郵便はがきと、
交換が可能。

 

このときのハガキは、
印刷や書き込みがあっても大丈夫。

 

このとき郵便局の窓口で、
色々と伝えなければならない。

 

請求する人の住所氏名、
亡くなった方との続柄などを、
書面に記入して提出する。

スポンサードリンク

年賀はがきを現金に

年賀はがきを現金にしたい場合、
金券ショップで買い取ってもらう。

 

このときの買取金額は、
金券ショップによって違いがあるけど、
35円ほどという場合が多い。

 

年賀はがきを交換できる場所

年賀はがきは、
簡易局以外の郵便局であれば、
どこであっても交換が可能だよ。

 

別の年賀はがきの活用方法

書き損じ

書き損じの年賀はがきを集めて、
ボランティアに活用している団体も、
いくつか存在する。

 

これらの団体は、
集めた書き損じの年賀はがきを、
郵便局で切手と交換して、
支援に使っているよ。

 

こういった団体は多いから、
ネットなんかで、
探しても良いかもしれないね

 

終わりに

今回は、
書き損じるなどした年賀はがきの、
交換についてお伝えした。

 

年賀はがきが、
販売される期間内であれば、
手数料を支払っての交換が可能。

 

販売期間外であれば、
その他の商品と交換が可能。

 

喪中になるなどして、
購入した年賀はがきが使えなくなった場合、
書面への記入により交換可能。

 

これらが、
年賀はがきの交換の基本だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい