年賀状は、
年始の挨拶とも言えるハガキ。

 

でも間違った言葉使いの年賀状を送ってしまい……

『ぷぷぷ( ´艸`)間違ってやんの 』

……って密かに笑われているかも。

 

今回のリサーチ対象は、
年賀状でよくある勘違い言葉について

 

もう笑わせない!勘違い言葉の代表者たちさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

年賀状のマナー、この5つの文章に気をつけろ!

年賀状の文章マナーに気を付けるのなら、
とりあえず以下の5つに気を付けよう。

 

この5つの勘違い文章は、
年賀状でよくある間違いだよ。

 

年賀状でよくある勘違い文章
  • ”A Happy New Year”という言葉
     ○本来は年末に使うための言葉
       →訳は”楽しい新年”
       →日本語の”よいお年を”と同じ意味
     ○年賀状に書くのなら”Happy New Year”が良い
       →冠詞のAを外すだけで意味は変わる
       →”新年おめでとう”という意味の言葉を使う
  • ”新年あけましておめでとう”という言葉
     ○意味が同じ言葉を2度使っている
       →”新年”と”あけまして”が同じ意味
     ○正しく書くのなら”あけましておめでとう”
  • 1月1日元旦と年賀状に記載されている
     ○意味が同じ言葉を2度使っている
       →”元旦”と”1月1日”が同じ意味
     ○元旦には元日の朝という意味がある
  • 1月1日の午後に届く年賀状に元旦という言葉が使っている
     ○”元旦”には”元旦の朝”という意味がある
       →1月1日の午前中に年賀状が届いていないと意味的におかしい
     ○”元日”という言葉なら1月1日の午後に届いても大丈夫
       →”元日”は1月1日という意味
       →1月1日の午前も午後も含まれている
  • 目上の人への年賀状に2文字以下の賀詞を使っている
     ○目上の人への年賀状の賀詞は4文字を使いたい
       →恭賀新春、謹賀新年など
     ○目下の相手であれば2文字以下でも大丈夫
       →賀正、迎春など

スポンサードリンク

年賀状のマナー、まとめ

年賀状は文章に、
多くのマナーが存在する。

 

ここに書いたマナー以外にも、
細かい物がワンサカと……。

 

でもとりあえずは、
ここに書いた5つのマナーに気を付けよう。

 

ここに書いたのは、
本当によくあるマナー違反

 

だからこの5つに気を付けるだけでも、
他の人に差をつけられるかもよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい