慢性疲労症候群の症状は、
疲れてベッドから起き上がれないほどになるという、
とんでもない物。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
そんな慢性疲労症候群の症状について。

 

疲れ果てた体の原因は慢性疲労症候群が原因かも☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群というのは、
名前は似ているけれど、
慢性疲労とは違う。

 

慢性疲労症候群の場合、
原因不明の極度の疲労感が長期間続く。

 

極度の疲労感は、
6ヶ月以上は続いてしまうよ。

 

更にい言えば、健康な人であっても、
気管支炎や風邪がキッカケとなり、
いきなり慢性疲労症候群となる人も多い。

 

慢性疲労症候群の症状

以下のような症状が、
6ヶ月以上続くのなら、
慢性疲労症候群かも。

 

慢性疲労症候群の症状
  • 微熱
     ○代表的な症状
     ○平熱と比べて0.5℃~1.5℃高い程度
     ○半年程度続く
     ○薬を使っても熱は下がらない
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 疲労感
     ○日常生活を送れないほどの疲れが出る
  • 筋肉痛
     ○運動後のような筋肉の痛み
  • 睡眠障害
     ○不眠と過眠の両方
     ○自律神経の乱れが原因
  • 気分障害
     ○うつ病に似た症状が出る
     ○午後の方が憂鬱感が強い
     ○注意力などが低下する
  • 物忘れがひどい
     ○認知症のような症状
  • 関節痛
  • 頭重感
  • リンパ節の腫れ
  • のどが痛い
  • 目がくらむ

 

慢性疲労症候群の症状には合併症も多い

慢性疲労症候群になると、
半数の方はうつ病を併発されると、
言われているよ。

 

さらに線維筋痛症とかや、
睡眠薬の副作用などの心配もある。

 

慢性疲労症候群、症状の重さ

慢性疲労症候群は、
症状の重さによって、
以下のように分けられる。

 

慢性疲労症候群、症状の重さ
  • 軽度
     ○自分の世話や仕事は行える
     ○休みの日は確実に休息が必要
  • 中度
     ○疲れによって家から出られなくなる
     ○午前中にしか活動できず午後はずっと眠って過ごす
  • 重度
     ○顔を洗ったり食事をとる以外はできない
     ○症状がさらに悪化するとベッドから出られなくなる

スポンサードリンク

慢性疲労症候群の原因

慢性疲労症候群は、
原因が分かっていない。

 

でも有力な説というのは、
存在している。

 

慢性疲労症候群の有力な説

ストレスが掛ると、
神経系に異常が生じる。

 

この結果、
免疫の働きが狂い、
体内のウイルスが活性化する。

 

このウイルスに対抗するため、
体内で免疫物質が、
必要以上に作られる。

 

そしてこの免疫物質が、
に悪影響を与えるのでは?

 

このように考えられている。

 

慢性疲労症候群の治療

慢性疲労症候群の治療は、
薬物療法が中心になる。

 

慢性疲労症候群の、
薬物療法は、
免疫力の向上が目的。

 

活性酸素による、
細胞への攻撃を防ぐため、
抗酸化作用の強いビタミンCを、
多く服用するなどをする。

 

これらは治療というよりも、
症状の緩和が目的で行われるよ。

 

注意点:慢性疲労と慢性疲労症候群は違う

慢性疲労というのは、
疲労が蓄積した状態。

 

軽い慢性疲労や、
肝臓などの疲れなら、
栄養補給などで回復できる。

 

でも慢性疲労症候群は、
全く別の病気。

 

似ているのは名前だけで、
些細な行動をしただけでも、
過度の疲労が襲ってくるなど、
その症状には大きな違いがある。

 

だいたい日本人の0.3%の人が、
慢性疲労症候群とも言われているよ。

 

 

まとめ

極度の疲れが長期間続く、
慢性疲労症候群

 

この病気が発症すると、
ほぼ間違いなく生活に影響が出る。

 

でも疲れが主な症状だから、
病気だと思われないことも。

 

極度の疲れを感じたら、
早めに病院に行こうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい