手指消毒剤は、
細菌が気になる時期には、
ぜひ活用したい。

 

今回まとめた情報は、
手指消毒剤の使用期限などの、
基本的な情報だよ。

 

手指消毒剤は、衛生管理の基本さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

手指消毒剤の良い所はスピード

石鹸を使っての手洗いであれば、
30秒~60秒ほどかかる。

 

でも手指消毒剤であれば、
手にスプレーをしてよくこすりながら、
アルコールを広げながら蒸発させるだけ。

 

だから石鹸を使うよりも、
ずっと手軽に消毒できるよ。

 

手指消毒剤の使用期間と使用量

手指消毒剤

手指消毒剤の、
使用期間や使用量は、
製品形態によって異なる。

 

手指消毒剤は、
いかのようなタイプがあるよ。

 

手指消毒剤のタイプ
  • 液状の手指消毒剤
  • ジェル状の手指消毒剤
  • 泡の手指消毒剤

 

この中で特に多く使われているのが、
ジェル状の手指消毒剤。

 

だいたい66%の家庭で、
ジェル状の手指消毒剤が使われていると、
いわれているよ。

 

手指消毒剤の1度の使用量

手指消毒剤は、
タイプごとに1度の使用量が違う。

 

製品によって殺菌力が違うから、
一概には言えないけど、
平均すると以下のような使用量になる。

 

手指消毒剤の使用量
  • 液状の手指消毒剤
     ○3mlを使用する
     ○15秒以上手にるける
  • ジェル状の手指消毒剤
     ○15ml~2mlを使用する
     ○15秒以上手につける
  • 泡の手指消毒剤
     ○15秒以上手につける

 

WHOのガイドラインによれば、
手指消毒剤を使った場合、
20秒~30秒は、
手を洗い続けた方がよいとされているよ。

スポンサードリンク

手指消毒剤の開封後の使用期限は?

手指消毒剤の開封前は、
容器なんかに書かれた使用期限に、
従って使用することになる。

 

では開封後はというと、
64%ほどの施設で、
6ヶ月を目安に使いきっているとのこと。

 

手指消毒剤を使う前に

手指消毒剤は、
アルコール濃度が低下すると、
効果が薄まる。

 

これはアルコールと水分のバランスが、
70%~80%の状態が最も殺菌効果が高いから。

 

だから手が濡れている場合は、
事前に乾かすようにしよう。

 

手を乾燥させてから、
手指消毒剤が十分に乾くまで擦り込もうね。

 

手指消毒剤の使い方

手指消毒剤は、
ジェルだろうが液体だろうが、
以下のように使うのが基本だよ。

 

手指消毒の手順
  1. 手指消毒剤を手につける
     ○指を曲げながら
     ○適量手につける
  2. 両手の平を擦り合わせる
     ○両手の平に手指消毒剤を広げる
  3. 両手の指の背や指先を擦り合わせる
     ○指全体に手指消毒剤を広げる
  4. 両手の甲をお互いに擦り合わせる
     ○両手の甲全体に手指消毒剤を広げる
  5. 両手の指を組んで擦り合わせる
     ○両手の指の間に手指消毒剤を広げる
  6. 親指を反対の手で包む
     ○親指に手指消毒剤を広げる
  7. 両手の手首に手指消毒剤を広げる
  8. 乾くまで擦り込み続ける

 

順番を要略すると以下のようになる

手指消毒剤をつける→手の平に擦り込む→指に擦り込む→手の甲に擦り込む→指の間に擦り込む→親指に擦り込む→手首に擦り込む→乾くまで続ける

 

終わりに

手指消毒剤は、
手軽に手の殺菌が出来るから便利。

 

でも手が濡れていたりすると、
アルコールと水分のバランスが崩れて、
効果を十分に発揮できない。

 

他にも効果を下げる原因はあるけど、
大半は容器や箱に書かれているよ。

 

だから、しっかりそれらをチェックするようにしよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい