新婚旅行は、
結婚してから最初の思い出作りになる。

新婚旅行

 

でも妊婦さんの場合は、
行動範囲が制限されるので、
海外旅行はキツイ。

 

そこで妊婦さんの場合は、
国内旅行が中心になるけど、
ここでも注意が必要。

 

今回は、
妊婦の国内新婚旅行での注意点を、
リサーチしたよ。

 

妊婦さんが旅行で気を付けたいポイントさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

妊婦さんの新婚旅行について

妊娠中でも、
新婚旅行に行きたい!

 

と、いう気持ちはよくわかる。

 

でもトラブルが起こった場合、
お腹の赤ちゃんへの負担も大きいから、
注意が必要になる。

 

だからトラブルに対処をしやすい、
国内旅行が妊婦さんにはオススメだよ。

 

もしも海外旅行中にトラブルに見舞われたら
  • 体調の異常を現地の言葉で伝える必要がある
  • 海外旅行保険が必要
  • 旅行先の緊急の出産の問題
     ○生まれたばかりの赤ちゃんと飛行機の乗ることになる
     ○帰国が遅れる
  • 旅行中は栄養バランスが崩れやすい
     ○異国の味に馴染めないと発育に影響

 

一方で国内旅行はというと、
以下のようなメリットがある。

 

妊婦の国内旅行のメリット
  • 飛行機に乗らずに済む
     ○自家用車で旅行に行ける
     ○移動時間があまり掛らない
  • 言語の違いに悩まなくても良い
  • 緊急出産時もスムーズ
     ○言語の問題がない
     ○国内の健康保険が適用される
  • 文化の違いによる悪影響が少ない
     ○
    食事内容の違いなど

 

国内の新婚旅行について

妊婦

国内旅行でも、
リゾートを楽しんだり、
食事や娯楽を楽しめる場所は、
多く存在している。

 

だから海外旅行に行くのは、
子供の成長を待ってからにして、
お腹の赤ちゃんのことを最優先にした方が、
良いかもしれない。

 

妊婦の新婚旅行の注意したい事

妊婦さんが新婚旅行に行くのなら、
事前に医師と相談することを、
忘れないようにしよう。

 

体調の個人差もあるから、
専門家の判断があった方が、
良いからね。

 

では、
妊婦さんが旅行をする場合、
どのような点に気を付ければ良いのか?

 

一般的に言われている事を、
ここではまとめたおくよ

 

妊婦の新婚旅行の注意したい事
  • 旅行に行くのは安定期に入ってから
     ○安定期というのは妊娠16週目~28週目
       15週目まではつわりや流産の可能性がある
       28週目以降は体調を崩しやすい
  • 保険証と母子手帳は必ず持ち歩く
     ○安定期でも急な体調不良に見舞われることもある
  • 医師に相談してから旅行に行く

 

妊婦さんが、
旅行中に気を付けることもある。

 

妊婦が旅行中に気を付けたい事
  • 妊娠中は車酔いをしやすくなる
     ○長距離をバスや車で移動する時は気を付ける
     ○長距離の移動は、途中の休憩をしっかりとる
  • 体への負担が大きい旅行は避ける
     ○長距離を歩くなど
  • 服装は動きやすさを重視する
     ○特に靴は動きやすい物を選ぶ
  • 長時間、経ち続けるのは避ける
     ○子宮が収縮しやすくなって早産の原因になる
  • 慣れない場所では体長不良になりやすい
     ○ストレスや疲れが原因であることが多い
     ○医師に相談して対策や薬の処方を頼んでおく
  • 宿泊先の近くの病院を調べておく
  • 妊娠中は免疫力が低下している
     ○温泉などの感染症に注意

 

国内

国内旅行をするのなら、
温泉に入る事も多いと思う。

 

この温泉についても、
注意したいことがある。

 

妊婦が温泉に入るとき気を付けたいこと
  • 熱過ぎる温泉には入らない
     ○肌や心臓に負担がかかる
     ○のぼせて転倒することがある
     ○赤ちゃんへの負担が大きい
  • 長時間入浴はしない
     ○肌や心臓に負担がかかる
     ○のぼせて転倒することがある
     ○赤ちゃんへの負担が大きい
  • 温泉には衛生面をチェックしてから入る
     ○妊娠中は免疫力が低下している
       →感染症に掛りやすい
     ○最低でもチェックしたい事
       循環式のお風呂
       脱衣所などは清掃が行き届いているか?
       部屋についている家族風呂などを使うと最も良い
  • 刺激の強い成分が多い温泉は避ける
     ○硫黄やラジウムなどは刺激が強過ぎる
     ○温泉の臭いで気分が悪くなることがある
       →妊娠中はデリケートになるから
  • 弱アルカリ性の温泉に入る
     ○肌への負担が少ない

 

妊婦さんが、
極力避けた方が良い乗り物である飛行機

 

どうしても乗るのであれば、
最低でも以下の点は気を付けたい。

 

妊婦さんが飛行機の乗るとき注意したい事
  • 乗る時期に注意する
     ○妊娠12週目~28週目ごろが良いとされている
       航空会社によって規定は変わる
     ○出産予定日の1ヶ月前に入ったら絶対に乗らない
  • 炭酸飲料は飲まない
     ○気内の気圧の低下で腸内ガスが膨張するので
     ○腹痛や頭痛、息苦しさの原因になる
  • シートベルトは無理矢理つけない
     ○妊娠したお腹への負担になる
     ○ベルトの長さが不足するのなら延長用ベルトを頼む
  • 通路側の席に座る
     ○妊婦はトイレが近くなる
  • 水分補給に注意する
     ○飛行機内は乾燥している
     ○コーヒーやお茶は避ける
       利尿作用やカフェインの問題がある
  • エコノミー症候群に注意
     ○1時間~2時間おきに通路を軽く歩く
  • むくみやすいから注意
     ○体を締め付ける服装はしない
  • 飛行機内は冷える
     ○機内のブランケットを活用する
     ○寒いのならブランケットの追加をお願いする

スポンサードリンク

妊婦の新婚旅行、国内のオススメは?

妊婦さんは、
可能であれば負担の大きい旅行は避けたい。

 

だから国内旅行が、
新婚旅行の中心になる。

 

妊婦の新婚旅行、国内のオススメは?
  • 軽井沢
     ○避暑地として有名
     ○特に夏がオススメ
     ○夏でも過ごしやすい気温
     ○貸別荘でのんびりと自然を満喫するのも良い
  • 熱海
     ○1年を通して花火大会が行われている
     ○海の幸を楽しむと良い
  • 金沢
     ○工芸品などの伝統文化に触れられる
  • 京都
     ○秋であれば紅葉が楽しめる
     ○今日料理や工芸品を楽しめる

 

妊婦に人気の旅行プランは?

新婚旅行

妊婦さんが新婚旅行をするのなら、
体に負担を掛けないように、
注意をしないといけない。

 

このことは、
国内旅行であっても変わらない。

 

妊婦さんの体を考えた、
以下のような旅行プランが人気だよ。

 

妊婦に人気の旅行プランは?
  • マタニティエステ
     ○お腹の赤ちゃんを考慮したエステ
     ○事前に施術内容を確認しておきたい
       以下の内容は避ける
        電気を通す
        強い刺激のマッサージ
        刺激のある化粧品や薬剤の使用
  • 貸切風呂
     ○感染症の心配が低い
     ○旦那さんと一緒に入れば安心感がある
       のぼせたり、気持ち悪くなった場合など
  • マタニティプランのあるホテルや旅館
     ○体長が悪くなっても従業員のサポートがある

 

終わりに

今回は、
妊婦さんの新婚旅行について、
リサーチをしたよ。

 

妊婦さんであれば、
お腹の赤ちゃんに過度の負担を掛けない事が、
重要になる。

 

安定期に行く。
事前に医師と相談しておく。
赤ちゃんへの負担の少ない旅行先を選ぶ。

 

この3点はとても大切になるから、
絶対に忘れないようにしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい