新盆見舞いの服装には、
どのようなマナーがあるのだろう?

 

今回リサーチしたのは、
そんな新盆見舞いの服装マナーについて

 

恥ずかしい思いを避けるための情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサーリンク

新盆とは?

新盆というのは、
亡くなって初めて迎えるお盆のこと。

 

地域により慣習が違うので、
新盆を迎えるご家庭の地域の慣習を、
深く知らない場合は他の方に訊ねた方が良い。

 

新盆の時間

新盆

新盆というのは、
お盆のこと。

 

お盆という時期にのお坊さんは、
複数のご家庭を回ることになるから、
一軒の家にあまり時間を掛けられない。

 

しかもお彼岸の時期に比べて、
半分の日数で回らないといけないため、
お経をあげる時間はかなり短い

 

このため短い時間で、
新盆は終わることになる。

 

新盆での服装に関して

新盆見舞いの服装というのは、
本来であれば葬儀出来る喪服が、
一般的──と、いうのは形式的な考え。

 

実際のところ、
喪服か喪服に近い格好というのが一般的。

 

でもTシャツなどの、
ラフ過ぎる格好はもちろん論外。

 

でも男性であれば、
白や灰色ワイシャツで行けば、
マナーとして問題のない場合が多い。

スポンサードリンク

濃い血縁者なら

もしアナタが、
濃い血縁者であるのなら、
服装に注意したい。

 

濃い血縁の人が礼服を着れば、
喪主の家族も礼服を着る必要が出てしまう。

 

だから事前に服装については、
喪主の家族と確認しあっておこう。

 

新盆、女性の服装は?

服装

新盆での女性の服装は、
黒いワンピースでも大丈夫。

 

全体的に、
地味目の服装でまとめるのが、
マナーとしても良い。

 

女性の新盆の服装の特徴
  • 暗めの色
  • 装飾が少ない物
  • ゆったりとしたサイズの物 
     ○ピッチリシタ服装は正座が辛い

 

次に女性の服装について、
少し具体的に述べるよ。

 

女性の新盆見舞いの服装

  •  ○半袖や七分の喪服
       オススメはジャケット付きのワンピース
        周りがカジュアルな服装でも調整ができるため
         →ジャケットを脱ぐことで
     ○黒目の灰色や黒のワンピース
     ○黒無地のアンサンブル
  • ストッキング
     ○黒のストッキングが基本

  •  ○光沢が無く黒い靴
  • アクセサリー
     ○真珠のネックレスなどのみ

  •  ○長いのなら一つにまとめると良い

  •  ○なるべく色は落す
     ○または透明な物や薄いピンク色のマニキュア

 

終わりに

今回リサーチしたのは、
新盆見舞いの服装マナーについて。

 

基本的に新盆見舞いの服装には、
それほど厳しいマナーはない。

 

ただ地域差や、
各家庭の風習なんかがあるから、
その点には注意しようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい